忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

盤珪と藤樹「たどりついた頂上同じ」

 2019年11月23日 
講演で興福寺を訪れた中江彰氏(右)と三好信雄住職
 江戸時代前期に活躍した臨済宗の名僧、盤珪永琢(ばんけいようたく)(1622−93)が悟りを開いた北野中の興福寺(三好信雄住職)で16日、国際中江藤樹思想学会の中江彰理事長(66)が講演。信徒ら約25人が聴講した。
 中江藤樹(1608−48)は日本陽明学の祖といわれる儒学者。盤珪と直接の接点はなかったが、承応3年(1654)に門人の中川謙叔らが備前・三友寺で2か月にわたって盤珪と論争した逸話がある。
 中江氏は盤珪の思想と儒教の関わりを推論した著書『盤珪禅と儒教』があり、同寺が講師に招いた。講演で中江氏は藤樹について、「儒学一辺倒ではなく、禅や仏教、神道も含めて幅広い考え方を取り入れていたと思われる」と評価。封建社会にありながら「人間は皆兄弟である」と説いた訓話を紹介し、「当時にそのような考え方を示すのは大変なこと。もっと目を向ける必要があるのではないか」と語った。
 陽明学と仏教の思想を一体とした「明徳仏性」説を説いた藤樹に対し、盤珪は「明徳とは何か」を追求するうちに「不生禅」と呼ばれる独自の仏法を悟ったとされる。中江氏は「二人が登った道は異なるが、たどりついた頂上は同じだったのではないか」と話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年11月23日号(2348号) 3面 (10,883,156byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数検討「今年度中に結論」←市民(12/07)
  • 内匠頭切腹の地ゆかり「田村銀杏稲荷」再建←堤 貴恵(12/07)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←よく考えて(12/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中