忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会商業・経済
  3. 記事詳細

「買い物弱者」に救い 移動スーパー開業へ

 2019年11月23日 
買い物弱者支援で運行をスタートする移動販売車
 近くに買い物できる店がない地域や店舗までの交通手段を持たない高齢者などの「買い物弱者」を支えようと、塩屋の「旬鮮食彩館パオーネ」は商品を積んだ軽トラックで戸別訪問販売する移動スーパーの営業を11月28日(木)からスタートする。
 全国で移動スーパーを展開している「とくし丸」(徳島市)と事業提携。陳列棚や冷蔵ケースを備えた特別仕様の軽トラックに野菜や精肉、調味料のほか刺身、弁当など約300品目を載せ、事前に希望のあった世帯の付近で店開き。店での通常価格に10円上乗せすることで経費をまかなう。開業に伴い、赤穂市と民間事業者が協定を結ぶ「高齢者見守りネット」に加盟。訪問販売時の声掛けをお年寄りの見守りにも役立てる。
 ▽月木コース(福浦南部、鷏和、折方、上仮屋)▽火金コース(高雄、木津、駅北)▽水土コース(福浦北部、大津、塩屋)の3ルートで週2日ずつ運行する。顧客のニーズに合わせて積み込む商品を入れ替え、予約注文にも応じる。すでに約120世帯から利用希望があり、キャンセル待ちの状態。来年2月上旬には2号車を導入し、尾崎、御崎、坂越、有年地区などにもルートを拡充する予定だ。
 販売を担当する黒田元幸さん(48)=塩屋=が営業開始を前に訪問先をあいさつ回りすると、「はよ来て」「待っとうよ」などと声を掛けられたという。「中には『ありがとう』と涙ぐむお年寄りもあって。本当に買い物に困っておられたのだなと実感しましたし、期待をひしひしと感じました」と話す。
 農林水産政策研究所の2015年推計では、食料品アクセス困難人口(店舗まで500メートル以上かつ自動車利用困難な65歳以上)は全国で824万人に上る。磯野幸則社長(51)は「大きな社会問題に何らかの貢献ができないかと以前から考えていた。困っている方に商品を届けられることに大きなやりがいを感じている」と意欲を語っている。
 問い合わせは同店Tel42・0503。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年11月23日号(2348号) 1面 (10,883,156byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数検討「今年度中に結論」←市民(12/07)
  • 内匠頭切腹の地ゆかり「田村銀杏稲荷」再建←堤 貴恵(12/07)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←よく考えて(12/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中