忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

草花やフルーツ素材に押し花アート展

 2019年11月20日 
押し花作品の個展を開く藤井登貴子さん
 四季の草花や果物などを素材にした押し花で風景や人物などを描いた作品展「藤井ときこアートの世界」が11月22日(金)から中広の赤穂市立図書館で開かれる。独自の技法を凝らしたオリジナル作品が並ぶ。
 姫路、相生などで計6教室を開く押し花作家の藤井登貴子さん(61)=上郡町山野里=が2012年から毎年開いている個展で赤穂市内では昨春に続き2回目となる。
 水彩やパステルで描いた下絵に押し花を乗せていく手法。あえて下絵を残すことで作品に奥行きを生み出すという。ガラスとアルミ紙で作品をはさみ、乾燥剤を入れて密封すれば押し花の色合いを長く維持できる。
 青や白のアジサイで雲がわきたつ夏のヒマワリ畑を描いた風景画、スライスしたイチゴの実を重ねたバラの絵など新作を中心に約50点を出品する。藤井さんは「押し花ならではの表現を楽しんでもらえれば」と話している。
 11月24日(日)まで午前10時〜午後5時(最終日は3時まで)。12月7日(土)・8日(日)は相生市那波西本町のカフェギャラリー「空豆」で展示販売する。Tel080・6144・5180(藤井さん)。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年11月23日号(2348号) 4面 (10,883,156byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数検討「今年度中に結論」←市民(12/07)
  • 内匠頭切腹の地ゆかり「田村銀杏稲荷」再建←堤 貴恵(12/07)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←よく考えて(12/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中