忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会お知らせ
  3. 記事詳細

75歳以上の急発進抑制装置 市が上乗せ補助へ

 2019年11月19日 
 赤穂市は、高齢ドライバーの事故防止を目的に、ブレーキとアクセルの踏み間違いを防ぐ急発進抑制装置を車に取り付けた75歳以上への補助制度を新設する。県の制度との併用で上限3万3000円の補助を受けられるようになる。
 運転免許のある75歳以上(2020年3月末時点)の市民が今年10月23日以降に装置を設置した自家用車を対象とし、一人1台限り。車を新規購入する際にオプションで装備した場合も含む。
 県がすでに実施している補助(上限2万2000円)を先に受けたことを条件に市が1万1000円を上乗せする。市は60台分の補助額に相当する事業費66万円を今年度一般会計補正予算案に計上。年内の申請受付開始を見込む。2020年度も60台分の補助を計画している。
 市によると、急発進抑制装置は取り付け費込みで4万4000円程度で市販されているといい、補助制度を利用すれば4分の1程度の自己負担額で装備できることになる。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年11月30日号(2349号) 3面 (12,536,879byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

夏に市内の自動車部品店で取付ました。取り付けに2時間程度かかりました。もちろん、どんな状況でも急発進などが抑制可能というわけもないようです。まあ、ニュースで見るような程度の踏み間違いにはある程度対応するようです。それ以後、運転は一層慎重になったように思います。
投稿:取付済の高齢者 2019年11月20日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数検討「今年度中に結論」←市民(12/07)
  • 内匠頭切腹の地ゆかり「田村銀杏稲荷」再建←堤 貴恵(12/07)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←よく考えて(12/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中