忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会政治
  3. 記事詳細

《市公共工事贈収賄》検討委が初会合

 2019年11月08日 
冒頭のみ公開された外部有識者による検討委員会の初会合
 赤穂市職員による入札不正事件の原因究明と再発防止策などを外部有識者が話し合う検討委員会の初会合が8日、加里屋の市役所であり、委員長に選任された有田伸弘・関西福祉大学社会福祉学部准教授は「大変な重責だが、十分に審議して今年度末には提言をまとめたい」と語った。
 事件を巡っては今年9月以降、市公共工事の入札情報を業者に漏らした容疑で係長職の職員2人が逮捕された。検討委は「外部有識者による調査と検討をお願いしたい」との牟礼正稔市長の意向で設けられ、有田氏と弁護士、銀行支店長、県契約管理課長の4人で構成。市の部長級職員9人の幹事会(幹事長・藤本大祐副市長)が事務処理を担当する。
 会議は冒頭のみ報道に公開され、「率直な意見を交わしたい」との理由で非公開で行うことになった。会議終了後に取材に応じた有田委員長によると、この日は幹事会が事件経過や赤穂市の入札制度について説明。逮捕された職員が書いた顛末書も資料として提示され、委員からは「職員と業者のつながりなど、より詳しいことを知りたい」「他にどのような入札制度が導入可能なのか検討を」といった要求があったという。
 検討委は今後「月1回程度」のペースで開催し、来年3月末までに市長への報告をまとめる。市は「会議は非公開だが、議事概要は何らかの形で開示したい」(幹事会)としている。
<前の記事

コメント

このメンツで問題解決は無理でしょう。業界の事は業界の人間に聞かないと、絵に描いた餅にしかならない。学者に土建業界のことなんかわかるわけない。解決方法は、市職員がいかに口が固くなるかどうかしかない簡単な事だ。
投稿:建設業界のひとり 2019年11月08日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中