忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

正倉院展に山崎昭二郎氏を偲ぶ

 2019年11月09日 
在りし日の山崎昭二郎氏=昭和38年、中尊寺金色堂
 奈良国立博物館で11月14日まで開催中の第71回正倉院展に「粉地彩絵八角几(ふんじさいえのはっかくき)」が24年ぶりに出品されている。この宝物の復元にあたり、彩色を手掛けたのが赤穂生まれの文様彩色画師、故山崎昭二郎氏だ。
 山崎氏は1927年に加里屋の塩問屋の長男に生まれ、赤穂中から東京美術大学(現東京藝術大学)へ進んだ。美術学部工芸科図案部で文様学の権威、小場恒吉(おば・つねきち)教授に師事。古代文様の彩色技法を習得した。大学卒業後は家業を継ぎつつ、平等院鳳凰堂をはじめ数多くの社寺建築で彩色文様の復元や保存に従事した。
 年譜を見ると、担当した文化財には、醍醐寺五重塔、中尊寺金色堂、唐招提寺、厳島神社など日本が誇る名だたる歴史的建造物が並ぶ。52歳で文化庁より建造物彩色選定保存技術保持者に全国で初めて認定。後継者の育成にも力を注ぐ中、93年に66歳で死去した。
 粉地彩絵八角几は東大寺の法要で用いられたとされる供物を載せる台。鮮やかな花模様が特徴で、正倉院に伝わる多くの台の中で最も華麗と言われている。その復元模造に携わったのは47歳から。2年間かけて奈良に通い、調査と彩色を手掛けた。宝物に触れることは許されず、宮内庁の職員2人が両横から見つめる中での作業だったという。
 妻の昭子さん(92)=加里屋=によると、「あんまり光が当たったら御物に良くないんでしょうかね。薄暗い部屋での作業やったと言うてました。主人は作業の前に体を拭いて、肌着まで全部着替えてから仕事に掛かったそうです」。
 今回の正倉院展で展示されているのは原宝物。同庁正倉院事務所によると、山崎氏が手掛けた復元品も77年と92年に出品されたことがあり、またいずれ展示機会が巡ってくると思われる。昭子さんは「主人が丹精込めた仕事が未来も残っていくことはうれしいですし、誇りに思います」と語った。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年11月9日号(2347号) 3面 (6,821,506byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中