忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

小豆島観光協会と連携協定 観光ルート確立目指す

 2019年09月18日 
小豆島観光協会との連携協定調印式=赤穂観光協会提供
 観光振興へ向けて県境を越えた協力を図ろうと、赤穂観光協会(田淵新悟会長)は17日、香川県の小豆島観光協会(堀川満弘会長)と観光連携協定を結んだ。
 互いの地域の人的・知的資源を有効活用し、総合的な観光振興を目指す狙い。赤穂と小豆島を結ぶ観光ルートの確立をはじめ、観光情報発信や魅力開発、マーケティング活動などで協力する。
 特産のオリーブ、映画「二十四の瞳」で知られる小豆島は、小豆島町と土庄町からなり、人口は約2万7000人。2017年の観光客入込数は約106万人となっている。ピークだった1989年の約138万人からは減少しているものの、近年は訪日外国人の増加傾向がみられるという。
 調印式は小豆島町内の宿泊施設で行われ、両会長が協定書に署名した。かつて、赤穂からの移住者が小豆島に塩作りを伝えた歴史的背景を踏まえ、田淵会長は「小豆島とは元々、人のつながりが強かった。互いに手を組んでそれぞれの物語を観光振興に生かしたい」とコメント。堀川会長は「お互いが補えるような協力をしていきたい」と抱負を語った。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年9月21日号(2340号) 3面 (7,942,012byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

訪日外国人には特に有効だと思う。

考えてみれば、赤穂だけを目指して海外旅行に来る人は少ないだろう。

広島ー姫路・大阪の間に寄ってもらう、瀬戸内エリアのひとつとして選んでもらうなど、どこかとセットにするのが効果的だと思う。

「国内人口の減少→日本人観光客の減少」は確実なのだから、その減少分を訪日外国人の増加に期待するしかない。

とにかく小豆島との連携、うまく行くといいですね!
投稿:穂の香り 2019年09月20日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中