忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

柔道部廃止の受け皿に 中学生にも門戸

 2019年09月07日 
中学生にも門戸を開いた柔道場
 柔道部がない学校の生徒にも柔道を練習できる場を提供しようと、赤穂市内のスポーツ少年団や柔道教室などが中学生の練習受け入れを始めた。少子化で部活動が削減される傾向にある中、受け皿として期待される。
 市内中学校の柔道部をめぐっては、4年前に赤穂西が廃部。赤穂は2021年度で活動を停止する方針を決定しており、残るのは赤穂東1校のみになる見通しだ。市内には小学生以下を対象にした柔道のスポーツ少年団やクラブが4団体あるが、関係者の間では「中学生になったときに柔道を続けたくても続けられなければ、柔道離れが進んでしまう」との危機感が強い。
 そこで、4団体が呼応して今年度から中学生の練習参加に門戸を開いた。けがをした場合の保険対応など課題は残るが、赤穂市柔道協会が隔週開く練習会を合わせると、ほぼ毎日いずれかの道場で中学生が練習できる環境が整った。中学生は月謝や参加料不要で稽古で汗を流すことができる。また、学校の引率協力で中体連の大会への出場も可能だ。
 現在は4人の中学生が練習に参加している。塩屋の後藤麻彩(まあや)さん(12)=赤穂西1年=は「柔道は幼稚園から始めました。中学生になっても続けられてうれしい」と感謝。新田の有岡煌将(おうすけ)君(13)=赤穂西1年=も「大好きな柔道を続けられて幸せ。練習で力をつけて県大会で上位に入りたい」と意欲を口にした。
 古浜町の塩屋武道館を活動拠点とする塩屋スポーツ少年団では中学生の練習参加へ向け、交流のある日本製鉄柔道部から柔道場用の中古畳50枚を譲り受けて練習スペースを拡充した。柔道指導経験のある中学教諭らも指導に加わっているといい、団長の岩本隆志さん(37)=新田=は「多くの人が協力してくれていてありがたい。よりよい環境に近づけるために安全面も配慮していきたい」と話している。
 中学生が参加可能な練習場所は次のとおり。○印は隔週。問い合わせはTel45・7500(いわもと接骨院)。
 ▽月曜=塩屋武道館
 ▽火曜=新町青少年武道館、赤穂東中学校
 ▽水曜=○赤穂中学校、塩屋武道館
 ▽木曜=新町青少年武道館
 ▽金曜=○赤穂東中学校
 ▽土曜=○赤穂市民総合体育館、尾崎公民館
 ▽日曜=塩屋武道館
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年9月7日号(2339号) 1面 (8,770,853byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

市民の世論に合わせた対応、いい流れだと思います。関係者の方GJです!
投稿:理想的 2019年09月07日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《城南橋贈収賄事件》「市政の信頼回復に全力で」市長訓示←厳罰(09/18)
  • 《城南橋贈収賄事件》「市政の信頼回復に全力で」市長訓示←どうせ削除されるでしょうが…(09/18)
  • 《城南橋贈収賄事件》「市政の信頼回復に全力で」市長訓示←頑張れ赤穂市役所(09/18)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中