忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

山鹿素行のお話(7)素行先生赤穂への流謫(配流)

 2019年09月07日 
 寛文6年(1666年)、山鹿素行に大きな転機が訪れます。
 それは、赤穂藩に仕えてから道徳倫理に基づいた自由な発想での学問を続け、先号で紹介した『山鹿語類』の発刊に至ったのですが、素行自身はそこに心底満足することができず、当時の官学であり師匠の林羅山が推奨する朱子学が難しい理屈の学問であり実践力に欠けるとして、もう一度儒学の原点に立ち返り、孔子の教えを学び直そうとする新学説の「聖教要録」を発表しようとします。
 これは、上中下三巻からなる小冊子ですが、これを読んだ門弟たちは他者から批判を受ける事は間違いないから発刊を思いとどまらせようとしました。しかし素行は信念を曲げず出版してしまいます。すると、やはり心配した通り幕府要人であり朱子学の信奉者でもあった保科正之に反対され、罪人として赤穂藩へ流されることとなってしまいました。
 素行は事前に周りの気配から察知していたようで、かつての兵術の師である北条氏長から出頭の呼び出しが来ると、すぐ身支度を整えて家族と早めの夕食を済ませた後、死罪になる場合のことを考えて一通の遺書を書き、それを懐中にして氏長の屋敷に出向きました。
 遺書の内容は、私は聖人の周公・孔子の道を正しく究めているのであるから、私を罪にすることは聖人の道を罪とすることになり、それは時の為政者の過ちであると。昔から道に秀でた者は禍に合っている例が非常に多く、そんなことで天地がひっくり返り、月日が光を失ってしまう。ただ残念に思うのは、この時代にこの誤りを後世に残すことで、これが素行にとっての一番の不徳の罪である、と述べています。
 天地の理に適う行いをして罪に問われてもいささかの迷いもなく侍としてその責めを甘んじて受けるという行為は、素行の薫陶教育を受けた浅野内匠頭が一死を持って吉良に刃傷に及び「風さそう 花よりもなお 我はまた 春の名残を いかにとやせん」と詠んで散っていった死生観に通じるような気がします。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年9月7日号(2339号) 3面 (8,770,853byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 期末・勤勉手当 総額7億超←ケン(12/11)
  • 期末・勤勉手当 総額7億超←中小企業の民間人(12/11)
  • 期末・勤勉手当 総額7億超←え?(12/11)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中