忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 子供
  3. 記事詳細

親子一緒に料理チャレンジ

 2019年08月13日 
親子とボランティアが一緒に調理を楽しんだ食育チャレンジ教室
 夏野菜たっぷりの食事を親子でつくる「あこう子ども食堂 食育チャレンジ教室」が加里屋中洲の赤穂市民会館でこのほどあり、茄子やトマト、ピーマンなどを使ったメニューを調理して会食した。
 子どもたちに調理の楽しさを通して食の大切さを知ってもらおうと、子ども食堂を運営する赤穂市地域活動連絡協議会が赤穂健康福祉事務所と共催した。4歳から小5までの親子約20人が4班に分かれて調理した。
 にんじん、しめじなどが入ったオムレツ、加熱したピーマンにカレー粉とツナを加えた和え物など5品を調理。玉ねぎ、かぼちゃなど野菜をふんだんに使った味噌汁は煮干しから出汁をとった。
 母と妹の親子3人で参加した中広の小学3年、齊藤那由多(なゆた)君(8)はにんじんやネギを下ごしらえ。「上手にできて楽しかった。家でもまた作りたい」と包丁を動かしていた。
 食材の一部は、市民やフードバンクから寄贈されたものを活用。調理指導には民生委員児童委員とボランティアグループ「いずみ会」のメンバーが加わった。同協議会の岩崎由美子会長(54)は「これからも子どもたちに関わる人たちの横のつながりを広げたい」と話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年9月7日号(2339号) 4面 (8,770,853byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 子供 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 自治会連合会が市議会定数削減を要望←あかさたな(10/12)
  • 山鹿素行のお話(11)後記←覆面居士(10/12)
  • 自治会連合会が市議会定数削減を要望←赤穂太郎(10/12)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中