忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

にぎわい創出7団体に補助金

 2019年06月07日 
 まちのにぎわい創出などを目的に赤穂市が公募した「赤穂観光アクションプログラム推進事業」の公開審査会がこのほどあり、補助金交付団体が決定した。
 審査会には11団体が応募。田淵新悟・赤穂観光協会長ら審査員5人が▽公益性・有効性▽新規性▽実現性▽将来性の4項目で採点し、得点上位の5団体を補助金交付団体に決めた。補助額は1団体20万円。
 また、特別枠(市長が特に観光振興上必要と認める事業)として、「赤穂でえしょん祭り」(補助額57万円)と「赤穂かきまつり」(同114万円)への補助も決定した。
 公募審査により補助が決まった事業名と主な内容は次のとおり。
 ▽坂越浦の名所発掘と新名物=坂越浦に存在する観光資源を再発見して市民や観光客に提供する
 ▽播州赤穂アコウスティックフェスティバル2019=世界共通の言葉である音楽をテーマに市民参加型のフェスティバルを催し、地域活性化に役立てる
 ▽「恋人の聖地 赤穂御崎」を盛り上げたい=インスタ映えする環境を作り、インスタグラムで「#赤穂御崎」で投稿した人に抽選で景品を送付
 ▽着物でGO=赤穂義士の装束を着て市内散策などの体験をネットやSNSで発信してもらうことを狙う
 ▽御崎マルシェおよび関連活動=赤穂御崎のロケーションや観光資源を活かし、地元産物やオリジナル商品の開発、販売を行うマルシェを開催
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年6月8日号(2328号) 1面 (9,171,964byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中