忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

「不動の安全を」暴力追放へ連携確認

 2019年06月03日 
暴力追放へ結束を再確認した「暴力団と関係を断つ会」総会
 飲食、建設、不動産など各業界の企業や商店が加盟する「暴力団と関係を断つ会」の2019年度総会がこのほどあり、「ともに力を合わせて安心、安全な赤穂を築こう」と連携を再確認した。
 同会は加盟事業所が団結して暴力団関係者に対する資金提供や店への立ち入りを拒否する目的で1992年に結成。当時市内に3つあった組事務所を2011年までに閉鎖に追い込んだ。
 総会の冒頭、藤野高之会長は「みなさんが勇気をもって辛抱強く活動した結果、暴力団の姿は見えなくなった。市民の安全を不動のものにするため、引き続き頑張ろう」と結束を呼び掛けた。横山博章署長は全国的な暴力団情勢に触れ、「暴力団が再び赤穂市内へ入ってきて、抗争やみかじめ料要求をしないとも限らない。壊滅へ全力を注ぎたい」と述べた。
 来賓として出席した牟礼正稔市長は「赤穂市から暴力団を排除する、壊滅させるという決意をもって活動していきたい」とあいさつ。釣昭彦議長は「この会が抑止力になっている」と評価し、長岡壮壽県議は「若い人は赤穂に暴力団があったことを知らない。風化させないように語り継ぐ必要がある」と語った。
 総会は加里屋中洲の赤穂警察署で行われ、来賓と各分会役員など約30人が出席。事業計画及び予算案などを全会一致で承認した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年6月8日号(2328号) 4面 (9,171,964byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市議会で19日と20日に一般質問←ダヴァンの父(09/16)
  • 入札情報の見返りに現金 容疑の市係長と土木会社社長逮捕←方向がおかしい(09/16)
  • 市政特別アドバイザー2人目は学生起業家←赤穂藩(09/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中