忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

「千年に一度の大雨」最長159時間浸水

 2019年06月02日 
 兵庫県は加里屋川や塩屋川など赤穂市内15河川を含む県下331河川について、「千年に一度を超えるような大雨」が降った場合の「洪水浸水想定区域図」を作成。
 赤穂市内における浸水の深さが最大8・8メートルに達し、50センチ以上の浸水が最大で159時間継続する、との想定をこのほど公表した。
 公表された想定によると、千種川水系(千種川、加里屋川、加里屋川放水路、新川、高雄川、長谷川、矢野川、安室川)では「24時間雨量578ミリ」が降った場合でシミュレーション。赤穂市内の浸水面積は21・3平方キロメートル、最大浸水深は東有年の排水機場付近で8・8メートルとなった。また、大津川水系(大津川、塩屋川、権現川、柿山川、亀谷川、県山川、大津湯ノ内川)では「6時間雨量366ミリ」で想定し、浸水面積は6・5平方キロメートル、最大浸水深は大津地区で5・4メートル。山陽道赤穂インター入口南側の浸水深は1・8メートル。
 50センチ以上の浸水が継続する時間想定では、有年楢原地区で159時間となり、これは千種川水系全体で最長。大津川水系では大津川と塩屋川にはさまれた新田地区で42時間となった。
 洪水浸水想定区域は従来「50〜100年に一度」の降雨を想定して作成していたが、2015年の水防法改正で「想定し得る最大規模」の降雨を想定して見直すことに。見直した想定区域図は、昨年6月に武庫川、加古川、円山川など主要14河川について発表されたのに続いて2回目で、県管理の680河川のうち約半数の345河川が公表済みとなり、赤穂市内では15河川すべてで作成が完了した。
 県は、今回公表した想定データを各市町に提供し、ハザードマップに反映するよう支援するほか、避難場所の確保についても助言する。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年6月8日号(2328号) 1面 (9,171,964byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメント

県のホームページ見ました。
大津川水系に、折方川がありますが含まれてません。
どうなっているのでしょうか?
投稿:、?? 2019年06月02日
 県に確認したところ、「折方川は県管理の河川ではありません」とのことでした。
 今回の想定は、県が管理する河川についてシミュレーションしたものです。
投稿:赤穂民報 2019年06月03日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市議会で19日と20日に一般質問←ダヴァンの父(09/16)
  • 入札情報の見返りに現金 容疑の市係長と土木会社社長逮捕←方向がおかしい(09/16)
  • 市政特別アドバイザー2人目は学生起業家←赤穂藩(09/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中