忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

ペーロン競漕へ赤穂から新チーム

 2019年05月23日 
初出場のペーロン競漕へ向けて練習に励む「赤穂の人たち」
 5月26日(日)に相生湾で開催される「相生ペーロン祭」のペーロン競漕に赤穂市在住・出身者で今年結成した新チーム「赤穂の人たち」が初出場する。20代を中心に高校生から社会人が集い、「みんなで一緒に汗を流して祭りを楽しみたい」と本番を心待ちにしている。
 市内で接骨院を開業する岩本隆志さん(37)=新田=とスタッフの山根拓哉さん(23)=折方=が同僚や友人らに声を掛け、今年3月に発足。毎週水曜の夜に集まって練習してきた。
 練習場所は大橋町にある接骨院の診療室。舟に見立てて並べた診療ベッドに縦2列で腰掛け、太鼓の音に合わせて櫂を漕ぐ。「正しいフォームとメンバーの息を合わせる」ことに重点を置いてトレーニングしてきた。
 岩本さんと山根さんは別チームでペーロン競漕の出場経験があるが、その他のメンバーは初出場。ペーロン艇に乗船したのも19日の海上練習が初めてだったが、キャプテンの山根さんによれば「初めてにしては、まずまずのタイムが出た」という。
 ペーロン競漕は実力上位の一般男子1部をはじめ同2部、一般女子、オープンレースの各部門があり、「赤穂の人たち」はオープンレース(600メートル)に出場する。
 大会に向けてランニングとジム通いで体を鍛えてきたキャプテンの山根さんは「出るからには一等を目指す」と意欲。監督を務める岩本さんは「赤穂で働いたり、学んだり、住んでいる若者が何か一生懸命になれる場をつくりたかった。まずは思いっきり祭りを楽しんでほしい」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年5月25日号(2326号) 4面 (11,961,567byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中