忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

山本加代さんに日本書芸院「史邑賞」

 2019年04月13日 
日本書芸院「史邑賞」を受賞した山本加代さん
 赤穂書道会前会長の山本加代さん(71)=塩屋、号・蘭逕=が日本書芸院の「史邑(しゆう)賞」をこのほど受賞した。
 山本さんは20歳で書道団体「墨滴会」の会員となり、第2代会長の廣津岱雲(1943−2011)に師事。自宅で書道教室を開きながら独自の書風を磨き、同会総務、読売書法会理事を務める。
 受賞作は中国・明代の詩人、朱大啓の漢詩「黄巖道中」を行草交じりで書した。横の展開が良く、流れのある運筆で迫力ある作品。コンクールへの出品では初めて紙を横長に使ったといい、「まさか賞をいただけるとは思っておりませんでした」(山本さん)と驚きを口にした。
 赤穂高校の書道部で長谷川光石さん(故人)の指導を受け、「いろいろな書体で自由に表現できるおもしろさを知った」ことが書道を長く続けるきっかけとなった。半世紀を超えた書歴について「教室で教えている以上は自分も上達しないといけない、という責任感で続けてきたようなもの」と振り返り、「弟子の活躍が何よりの励み。私も前を向いて頑張っていきたい」と話した。
 史邑賞は日本書芸院初代会頭の辻本史邑(1895−1957)にちなみ、最上位クラスの「一科審査会員」から出品された作品の中で特にすぐれたものに贈られる。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年4月13日号(2321号) 1面 (5,016,304byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中