忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

牡蠣食べて美味「オイスターサーモン」

 2019年04月06日 
地元産のカキを食べて育ったオイスターサーモンの水揚げ
 坂越の上田水産は地元産カキを餌に与えて養殖した「オイスターサーモン」をこのほど初出荷。社長の上田武司さん(51)は「カキの豊富な栄養を引き継いで良質の脂がのった。ご当地サーモンとして売り出していきたい」と意欲を見せている。
 昨年11月から12月にかけて3回に分けてトラウトサーモン(ニジマスの改良種)の幼魚3100匹を宍粟市山崎町の養殖場から購入。坂越沖の生けすに放し、カキのむき身をたっぷり混ぜた飼料を毎日4回与えた。
 サーモンは水温が低いと餌をあまり食べなくなるが、「カキは食いつきが違った」(上田さん)という。当初は一日10キログラムだった餌の量は50キログラムに増量。もともと体重100グラムほどだったサーモンは1キログラムを超えるまでに成長した。
 出荷は初夏まで続く予定で、市内の旅館やホテル、飲食店などで料理して提供されるという。いち早くメニューに取り入れた坂越の「くいどうらく」(海の駅しおさい市場内)の阿部健太店長(33)は「余分な脂っぽさがなく、後から甘みを感じる」と味の良さに注目し、刺身やにぎり寿司、しゃぶしゃぶ、ピザなどオイスターサーモンを使った7品の提供を始めた。
 上田水産は「オイスターサーモン」の商標登録を申請中。上田さんは「好評なら来季は生けすを増設したい。春先から初夏にかけての赤穂の新名物としてPRしていきたい」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年4月6日号(2320号) 1面 (7,451,634byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

一度味わってみたい...
投稿:牡蠣鮭 2019年04月07日
これから赤穂の名物となる
素晴らしい取り組みと思います

オイスターサーモン使用店だと
わかるように幟など検討してください♪

冬以外の季節へのアピールが必要です
みんなの知恵を出しあって新たな名物をつくりましょう♪
投稿:市民 2019年04月14日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中