忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史子供
  3. 記事詳細

クイズラリー楽しんで郷土史学習

 2018年12月02日 
ウォークラリーを楽しみながら地元の歴史を学んだ子どもたち
 郷土の歴史にまつわるクイズに答えながら地域の史跡を巡る「尾崎名所ウォークラリー2018」が1日にあり、尾崎小学校(411人)の全校児童が参加。問題に正解するともらえるシールを集めながら社寺や旧跡などを探訪した。
 子どもたちにふるさとの歴史文化を学んでもらおうと、地元まちづくり団体「尾崎のまちを考える会」(目木敏明会長)が学校、PTAと主催。自治会や消防団など大人約100人がスタッフとなり、大石内蔵助が赤穂城明け渡し後に仮住まいした「おせど」、"勤王の志士,,児島長年の石碑など10カ所にラリーポイントを設営した。
 児童たちは学年混合の38チームに分かれて学校を出発。各ポイントで▽宝専寺が全国でも珍しいお寺である理由は?(正解・住職が2人いる)▽磯釜の「釜」のいわれである「釜屋」は何を作った建物?(塩)などといった、その場にまつわるクイズに挑戦した。参加者らは正解するためのヒントを見つけようと、同会が整備した史跡説明板を端から端までよく読んだ。
 「初めて行ったところもあった。今まで知らなかった地元の歴史がわかった」と有吉千陽(ちはる)さん(12)=6年=。いずれのチームも制限時間内に全ポイントを踏破。企画を担当した同会まちなみ部会の江端恭臣部長(58)は「迷路のような尾崎のまちを子どもたちが隅々まで回ってくれた」と声を弾ませた。

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • エイサー踊って15年 記念公演←。。。(12/10)
  • インフル学級閉鎖 昨年度上回るペース←匿名(12/07)
  • もう一度リングへ 小國さん現役復帰表明←4回TKO(12/01)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中