忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史子供
  3. 記事詳細

「自分の色で描いて」後藤仁さんが絵画指導

 2018年11月22日 
生まれ故郷の坂越小学校を訪れた後藤仁さん
 画業35周年記念の特別展(赤穂市立美術工芸館で12月17日まで)が開かれている坂越生まれの日本画家、後藤仁さん(50)が21日、坂越小学校(西山孝幸校長)を訪れ、「坂越湾に浮かぶ生島」をテーマに水彩画に取り組んでいる6年生児童に特別指導を行った。
 後藤さんは小学1年の夏休みに父の転勤で大阪・堺に引っ越すまで坂越で暮らした。生島は、その見た目から「ひょうたん島」と自分で名付けるほど愛着があり、3歳のときに父に手を引かれて登った宝珠山から生島を眺めた光景は今も心に強く残っているという。
 後藤さんは、「どんな色を使ってもいいので、自分の中にある生島を描こう」とアドバイス。「迫力があっていいですよ」「工夫していますね」などと一人一人の長所を指摘しながら、画用紙に色を塗る子どもたちの様子に目を細めた。
 島の姿を画面いっぱいに描いて構図をほめられた小野秀美さん(11)は「うれしかった。絵を描くことがもっと好きになった」とにっこり。後藤さんは「海も山も川もあってすばらしい環境の坂越で、よく食べて、よく遊んで。学問でもスポーツでも自分のやりたいことに思いをぶつけてください」と呼び掛けた。


掲載紙面(PDF):
2018年11月23日(2302号) 4面 (9,437,483byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • エイサー踊って15年 記念公演←。。。(12/10)
  • インフル学級閉鎖 昨年度上回るペース←匿名(12/07)
  • もう一度リングへ 小國さん現役復帰表明←4回TKO(12/01)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中