忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史子供
  3. 記事詳細

西山松之助氏の母校で茶道体験教室

 2018年11月20日 
楽しくお茶の作法を教わった伝統文化わくわく体験教室
 日本の家元制度研究家として知られた赤穂市名誉市民、西山松之助氏(1912―2012)の母校、有年小学校(江尻裕亮校長)で19日、茶道の体験教室があり、3〜6年生の児童計31人がお茶の点て方や礼儀作法を教わった。
 日本の伝統文化に対する子どもたちの理解を深める兵庫県の「伝統文化わくわく体験教室」で県茶道協会から加里屋中洲の小西利夫さん・治代さん夫妻ら表千家流をたしなむ4人が講師として来校した。
 多目的室に畳を敷いて掛物と花入を飾り、即席の茶室に模様替え。お辞儀の所作や茶せんの使い方、道具を拝見するときのマナーなどを一通り稽古した。同校の卒業生で西山氏の姪にあたる治代さんは、西山氏が遺した茶杓の名品「苫屋」「日本一」を持参し、子どもたちに披露した。
 5年生の寺内望愛(みらい)さん(11)は「和菓子を食べてから飲んだお茶はおいしかった」とにっこり。体験教室は12月にも開く予定で、江尻校長は「お茶は日本の大切な文化。礼儀作法から相手を大切にする気持ちや思いやりの心を身に付けてほしい」と話した。

コメント

日本の伝統文化への興味関心が薄れつつある昨今の中で、このような取り組みを行うことは大変素晴らしいと思います。子どもたちも普段できないような体験を通して、日本の文化を知り、文化を通して心を学び、良い経験になったのではないか思います。私の地域でもこういうことしてほしい!
投稿:ポンタン 2018年11月22日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • エイサー踊って15年 記念公演←。。。(12/10)
  • インフル学級閉鎖 昨年度上回るペース←匿名(12/07)
  • もう一度リングへ 小國さん現役復帰表明←4回TKO(12/01)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中