忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

赤穂ゆかりの画家たちの美の系譜展

 2018年07月21日 
赤穂市立美術工芸館で特集展示が開かれる田中繁雄さんと作品
 地元の祭りや風景を中心に独自の画風を築いた加里屋の洋画家、田中繁雄さん(85)にスポットを当てる特集展示が御崎の市立美術工芸館・田淵記念館で7月25日(水)から始まる。
 子どものころから絵を描くのが好きだった田中さんは昭和25年に赤穂ゆかりの洋画家、林鶴雄(1907―90)が主宰する爽林会に入会。旧国鉄に勤務するかたわら29歳で第1回赤穂市市民美術展の市長賞に輝くなど多くのコンクールで入賞を飾った。中央画壇の一陽会に入会してからは淡路島出身の洋画家、大石可久也(1924―2018)に師事。50歳で退職して画業に専念し、平成4年に「群象の会」、同20年に「赤穂美術家連合会」を設立するなどジャンルを超えた美術振興にも力を注いでいる。
 「郷土ゆかりの画家たち〜赤穂ゆかりの画家たちの美の系譜 林鶴雄・大石可久也・田中繁雄」と題した今展では「天狗」「獅子頭」をモチーフにした100号を超える大作や赤穂を描いた風景画など田中さんの作品約30点に加え、林鶴雄と大石可久也の作品も展示。同館は「赤穂に連なる『美の系譜』の一つをぜひ堪能してください」と鑑賞を呼び掛けている。
 8月27日(月)まで午前9時〜午後5時。火曜休館。入館料200円(小・中学生100円)。8月19日(日)には裏千家流の茶道を指導していた田中さんの亡妻・悦子さんの社中による抹茶の接待(午前10時〜午後4時)がある。TEL42・0520。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2018年7月21日(2286号) 1面 (7,016,479byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「赤穂の天塩」27年ぶり値上げへ←ビックリマン(03/23)
  • 「赤穂の天塩」27年ぶり値上げへ←赤穂市・・・。(03/22)
  • 次期総合計画へ提言書「人口減カーブをいかに緩めるか」←市民市民(03/21)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中