忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

活断層の断面標本も 海洋科学館で地震展

 2018年07月21日 
活断層の断面標本も展示されている特別展
 大地震にまつわる資料や標本から地震のメカニズムや将来のリスクに備える教訓を学ぶ特別展「ひょうごの活断層と近未来の大地震」が御崎の赤穂市立海洋科学館で7月21日(土)から開かれる。
 兵庫県立人と自然の博物館との共催。北但馬地震(1925年)や昭和南海地震(1946年)、記憶に新しい熊本地震(2016年)などの発生状況や被害をパネル約20枚で解説する。
 安政南海地震(1854年)を報じた当時の瓦版、内陸型地震で国内史上最大規模の濃尾大地震(1891年)の被害を撮影したガラス乾板など貴重な資料も展示。山崎断層帯を構成する暮坂峠断層(姫路市)と琵琶甲断層(加西市)を発掘調査した地下断面標本は活断層がずれてできた地層の屈曲を見ることができる。
 同館は「展示を通して大地の動きや地震発生の仕組みなどを知り、減災を考えるきっかけにしてほしい」と話している。
 9月2日(日)まで午前9時〜午後4時半(入館は4時まで)。火曜休館(8月14日は開館して16日に休館)。入館料300円(小・中学生150円)。8月11日(土)には人と自然の博物館主任研究員の加藤茂弘氏による展示解説(午後1時半と3時)がある。TEL43・4192。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2018年7月21日(2286号) 3面 (7,016,479byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「かっこいい大人へ」成人祝賀式←東備西播(01/18)
  • JK目線で赤穂の魅力発信←東備西播(01/18)
  • 梅原猛氏死去 能「河勝」執筆 赤穂観光大使も←東備西播(01/18)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中