忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

モダン、ハイカラ「神戸」描いた版画展

 2018年07月20日 
神戸をテーマにした版画作品が並ぶ収蔵品展「KOBE150〜川西英・祐三郎を中心に〜」
 神戸の景色や風俗を描いた版画をテーマに収蔵品展「KOBE150〜川西英・祐三郎を中心に〜」が尾崎の私設美術館「たでのはな美術館」で開催中。
 神戸開港・県政150周年にちなんだ企画で、佐野正幸館主(78)は「作品を通して神戸の街の雰囲気を楽しんでもらえれば」と来館を呼び掛けている。
 川西英(1894―1965)は神戸生まれの木版画家で生涯に2度、「神戸百景」と題した連作を手掛けるなど地元を題材にした作品を多く残した。三男の祐三郎(1923―2014)は父の手ほどきで版画を始め、生まれ育った神戸の風景画をモダンに描いた。
 今展は川西父子の作品を中心に構成。ポートタワーや風見鶏などを描いた作品が並ぶ。江戸後期から明治にかけて活躍した浮世絵師、初代・長谷川小信(1809―79)が明治元年に発表し、長男の三代・小信(1881―1963)が昭和11年に復刻した文明開化時の神戸を描いた浮世絵など計31点を紹介。棟方志功が川西英へ宛てた葉書2通も展示している。
 8月28日(火)まで午前10時〜午後4時。水曜休館。入館料200円(小学生以下無料)。TEL090・3496・4282。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2018年7月21日(2286号) 4面 (7,016,479byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に←温故知新。(06/24)
  • 御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に←赤穂民報(06/24)
  • 御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に←温故知新。(06/24)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中