忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 事件・事故
  3. 記事詳細

東有年と坂越で土砂崩れ 人的被害なし

 2018年07月06日 
斜面が崩落して土砂と樹木が長谷川に流れ込んだ東有年の山林
 大雨による影響で6日、東有年の山林で斜面が高さ約30メートル、幅約8メートルにわたって崩落。また、坂越では民家の裏山で幅数メートルの地滑りが発生した。赤穂市によると、いずれも人や建物の被害は今のところないという。
 東有年の崩落は地元住民によると、午前10時ごろに起こった。崩れた土砂や樹木は斜面の下を流れる長谷川に入り込み、河川を管理する兵庫県が重機を手配して除去に取り組んでいる。
 坂越の地滑りは市危機管理担当によると、午前10時50分ごろに発生。裏山から雨で流出した土が鳥獣除けの金網を巻き込み、民家のそばまで押し寄せた。市が現場にブルーシートを敷設して応急処置した。
 東有年の住民男性は「川の中で倒れた樹木にごみなどが引っかかって、ダムのように川を堰き止めてしまわないか心配」と川の氾濫を懸念していた。
 市は自主避難者を受け入れられるよう、同日午後5時に市内地区公民館、福浦コミュニティセンター、原小学校、坂越中学校の計12カ所を避難所として開放。「自宅にとどまるのが不安な方は避難所を利用ください。なお、河川の急激な上昇も予想されるので、絶対に河川には近づかないで」と呼び掛けている。

コメント

豪雨で川の水位が少し下がったとは、いつだったか増水した河川敷に近づいて佇んでいる常識のないアホが居たのを見ました
投稿:市民 2018年07月11日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中