忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

新グルメ「カキのぷりテキ」

 2017年01月03日 
新たなご当地グルメとして売り出し中の「カキのぷりテキ」
 地元特産の海の幸を使った料理メニュー「カキのぷりぷりステーキ」をご当地グルメに育てようと赤穂商工会議所がPR活動を始めた。現在メニューを提供している市内14店舗をリーフレット「赤穂産 牡蠣の味めぐり」に掲載。「カキのぷりテキ」の略称で売り出している。
 殻を外したカキのむき身を焼いて味付けする調理法。バター焼き、オリーブオイル焼き、塩ソース焼きなど各店で焼き方や味付けにこだわりがあり、さまざまな味が楽しめる。
 同会議所は今後、統一ロゴを作ることも検討しており、「知名度を高め、ご当地グルメとして定着させたい。『牡蠣といえば赤穂』となるようにPRしていきたい」と話している。
 リーフレット「赤穂産 牡蠣の味めぐり」はカキ料理を提供している37店舗を掲載。カキや地酒が抽選で当たるスタンプ抽選券付きで同商議所(Tel43・2727)、観光案内所(Tel42・2602)などで配布している。


掲載紙面(PDF):
2017年1月1日・第1部(2213号) 4面 (9,334,963byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

写真のぷりテキは演出なしのベーシックタイプですかね?
熱した鉄板の上に盛り付けたら、もっとおいしそう。
付け合わせは焼いた塩ネギとか、地元の野菜が良さそう。
さらには定食にして、おむすびに赤穂の塩、のり、例の梅干し、漬物など合わせて1000円までで普及してほしいですね。
香ばしく焼けたタレにおむすびを浸して食べるのも、もう一つの楽しみ方、香川の骨つき鳥を彷彿させます。
牡蠣は酒の肴にしかならないイメージですが、ご飯に合うメニューが生み出されたなら、お昼ご飯の選択肢として、日生のカキオコと地理的な相乗効果も期待できるかもしれません。
投稿:良いです 2017年01月09日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中