忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

《御崎メガソーラー問題》「調整池設置義務なし」県判断

 2015年11月14日 
 予定地の一部に山腹崩壊危険地区を含む御崎のメガソーラー建設計画について、兵庫県は、県の総合治水条例が調整池の設置を義務付ける開発行為に「該当しない」と判断。計画反対を訴えている地元自治会連合会へ13日に伝えた。
 総合治水条例は、浸水被害を発生する可能性が高まると認められる規模1ヘクタール(1万平方メートル)以上の開発行為に調整池の設置を義務付けている。事業者は当初、「2万7867平方メートル」としていた伐採面積を「9800平方メートル」と修正。県民局光都土木事務所(山内良太所長)が「面積を精査する」としていた。
 同土木事務所は昭和50年ごろの航空写真などを基に、予定地の半分以上の区域を「過去に一旦造成された土地」と認定した上で、「一旦開発が行われた土地に時間の経過とともに自生した樹木を伐採しても開発行為には該当しない」と解釈。「今回の開発行為区域の面積は、新たに設置する水路を含めても0・9ヘクタールにとどまり、条例に基づく調整池の設置義務はない」と判断した。
 説明は御崎公民館で行われ、出席した自治会役員は「0・9ヘクタールと算定した資料を見せてほしい」と求めたが、県は「事業者から説明を受けてほしい」と示さなかった。
 また、山内所長は「この地形の場合、過去の開発時に設置された排水路を極力利用して雨水を海へ流せば、調整池を設置するよりも効果的ではないか」との考えを述べ、現地をよく知る自治会役員から「山の傾斜を越えて排水することになり現実的でない」などと反論された。
 県の説明を受けた亀井義明会長は「以前の造成から40年以上もの年月が経過して生い茂った樹木を伐採しても開発行為に該当しない、という県の解釈は納得しかねる」と話し、「不安をぬぐえない。県から出された面積について自分たちでも調べたい」と語った。
 事業者が8月に自治会役員に配布した資料によれば、雑種地など約4万平方メートルの中に太陽光パネル7200枚(発電容量は1990キロワット)を設置する計画。
 敷地全体が国立公園と風致地区の範囲内で、一部は山腹崩壊危険地区に重複し、土砂災害警戒区域(急傾斜)にも隣接している。赤穂市は今年7月、風致地区条例に基づき、工作物新築と木竹伐採を許可。施設の建設によって災害リスクが高まることを懸念した御崎自治会連合会は10月、「計画反対」の署名3372筆を西播磨県民局へ提出した。


関連サイト:
【関連記事】県が雨水流出量を精査


掲載紙面(PDF):
2015年11月21日(2162号) 1面 (10,158,961byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 御崎地区 ]  [ 社会 ]

コメント

県民局光都土木事務所は冷静的な判断ですね。
感情的てない。
投稿:市民 2015年11月14日
 事業者が最初から伐採面積を「9800平方メートルと申請すれば、県の判断を仰ぐ必要が無かったのでは?
 まるで、あつらえた様にキッカリ1ヘクタール以下ギリギリに修正されたのですね。
計画のずさんさが、また一つ明らかになりました。
 事業者は、県がおっしゃる通り早々に説明会を開く責任がありますね。
投稿:擬装市民 2015年11月14日
山内所長は何処の方? 分かりにくいです
投稿:でんでん 2015年11月15日
 山内所長は光都土木事務所の所長です。記事に追記しました。
投稿:赤穂民報 2015年11月15日
兵庫県の総合治水条例は平成24年4月1日に施行されたようですが
この話を聞いたら、真似をする業者が増えそう
ほんと、水害が起こらないよう東海のお大師さんに願いますわ
投稿:御崎人スネーク 2015年11月16日
>予定地の半分以上の区域を「過去に一旦造成された土地」と認定した上で、「一旦開発が行われた土地に時間の経過とともに自生した樹木を伐採しても開発行為には該当しない」と解釈。

え?  ”解釈”の問題だったのですか?
業者側にとっては万々歳の”解釈”ですね。
「2万7867平方メートル」での当初申請は、この解釈を受けて変更した上で計画通りに事業続行、となるのでしょうか??
9800平方メートルという絶妙な面積といい、役所と業者側で事前のすり合わせもあったのでは?とまで邪推してしまいます。

>また、山内所長は「この地形の場合、過去の開発時に設置された排水路を極力利用して雨水を海へ流せば、調整池を設置するよりも効果的ではないか」との考えを述べ、現地をよく知る自治会役員から「山の傾斜を越えて排水することになり現実的でない」などと反論された。

住民側から反論されたとの事ですが、所長さんの案は現実的ではなかったのでしょうか?
県土木事務所の所長さんの発言ですから、相応に具体性のある提案に違いないだろうと思うのですが。
(ただ海側に排水となると、海岸線沿いの県道を越える事になると思うので、どのような排水ルートなのか具体的なイメージが湧かないですが)


赤穂民報さん、この問題がどのような形で決着するにつれ、民報さんの”検証記事”を読んでみたいです。
今回の一連の騒動は、(将来、住民側が心配しているような災害が起きるにしても起きないにしても)赤穂の町の歴史の中に残すべき一つの重要な出来事だと思います。 (福浦の産廃処分場の件もしかり)
よろしくご検討下さい。
投稿:赤穂市民 2015年11月16日
以前は県の回答を待つと言っていて正式に回答が出れば出たで、納得いかない。。。と反論。。。

ほんとよくわからないですね。(笑)
投稿:takecyanman 2015年11月17日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • エイサー踊って15年 記念公演←。。。(12/10)
  • インフル学級閉鎖 昨年度上回るペース←匿名(12/07)
  • もう一度リングへ 小國さん現役復帰表明←4回TKO(12/01)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中