赤穂民報

メニュー 検索

「かんぽの宿赤穂」来年4月に事業譲渡

2021年10月14日

  • 来年4月に別会社に売却されることが決まった「かんぽの宿赤穂」=日本郵政提供

    来年4月に別会社に売却されることが決まった「かんぽの宿赤穂」=日本郵政提供

 日本郵政は、全国33か所で運営する「かんぽの宿」のうち32施設を来年4月に別会社に事業譲渡すると決定。御崎の「かんぽの宿赤穂」は国内100棟以上の宿泊施設を展開する「マイステイズ・ホテル・マネジメント」に売却される。

 日本郵政によると、かんぽの宿事業は「恒常的な赤字体質」にあり、年平均46億円の経常損失が続いていたという。昨年度はコロナ禍で経常損失が約113億円に拡大。「地域の貴重な集客拠点、雇用の場として存在し得るためには、ホテル・旅館の運営に実績、意欲のある事業者への譲渡が最善」と判断したという。

 かんぽの宿赤穂の譲渡日は2022年4月5日を予定。譲渡後の施設名称は未定だが、「現在と同様のサービスを提供する」としている。従業員の雇用は原則維持し、取引業者との契約については「今後相談させていただく」としている。

 かんぽの宿赤穂は「赤穂簡易保険保養センター」として1974年開業。2007年の郵政民営化に伴い、現在の名称となった。今年2月にリニューアルオープンし客室数は49室で定員147人。日本郵政によると、2018年度の平均稼働率は76・3%で宿泊人数3万2459人、日帰り利用人数6万0056人。

 マイステイズ・ホテル・マネジメントは1999年にウイークリーマンションの管理運営会社として設立。2005年からホテル事業へ参入した。北海道から沖縄まで100棟を超えるシティホテルやリゾートホテルなどを運営している。


商業・経済 ]

関連サイト:

【関連記事】かんぽの宿赤穂 5日再オープン 日帰り入浴6日から

掲載紙面(PDF):

2021年10月23日号(2435号)3面 (8,724,503byte)


テイクアウトカタログ

コメント

マイステイズは、ソフトバンク傘下の、米国のハゲタカ投資ファンドのグループと聞きました。
どちらかと云えば、駅前ビジネスホテル中心で、細やかなおもてなしが求められる観光地のホテルは、まだ、実績がないマイステイズです。
赤穂のかんぽは、かんぽグループの中でも、業績は優良でした。
なので、投資目的の一時買収で、転売、転売、結局、廃業にならないようお願いしたいです。

20 1

投稿:残念です 2021年10月15日


※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要