忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

学生書道展で折方の長安宏樹さんグランプリ

 2008年08月23日 
学生書道界最高の公募展で大賞を射止めた長安宏樹さん
 “学生書道のグランプリ”と称される「第13回全日本高校・大学生書道展」(日本書芸院など主催)の審査結果がこのほど発表され、鳴門教育大大学院の長安宏樹さん(23)=号・蘭銑、折方=が最高賞にあたる「大賞」に輝いた。
 受賞作は中国明時代の漢詩「淮北道中」を連綿草で書き上げた長条幅。1万1000点を超える応募総数の中でわずか51点の大賞に選ばれた。関係者によると、赤穂市関係で大賞を受賞したのは昨年の陰山由夏さん=加里屋=に続き2人目。
 高校1年のときから受賞を夢見て毎年応募してきたコンクール。来春に大学院を卒業する長安さんにとってラストチャンスとなる9度目の応募で夢を叶え、受賞の知らせに飛び上がって喜んだ。
 「自分には才能がないので、人が10枚書くなら100枚は書くつもりでやってきた」努力家。今回の応募作も「全部で200枚は書いた」という。一日の大半を稽古場で過ごす日も少なくなく、小学3年から「親に勧められて、いやいや通い始めた稽古場」が今では「一番居心地がいい場所」だ。
 師匠の山本蘭逕さん=塩屋=は「何時間でも平気で書いている。それも一つの才能」と感服。「よく書き込んでおり、独自の書風を確立しつつある」と成長ぶりを評価する。
 将来は「高校の先生になりたい」という長安さん。「社会人になっても時間を見つけて書き続けたい。というより、多分やめられないかな」とこれからも筆を持ち続けるつもりだ。
 長安さんの作品は8月26日(火)から31日(日)まで大阪市立美術館で展示される。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2008年8月23日(1809号) 1面 (7,667,133byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 義士石碑磨いた13年間の奉仕にピリオド←市民のひとり(02/12)
  • 義士石碑磨いた13年間の奉仕にピリオド←一市民(02/11)
  • 義士石碑磨いた13年間の奉仕にピリオド←nnn(02/11)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中