忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. イベント
  3. 記事詳細

故観光大使へ捧げるライブ

 2014年03月12日 
赤穂観光大使だった野村正樹さんへの追悼を込めてライブを開くマーサさん
 作家、コメンテーターなど多才を発揮しながら3年前に惜しまれつつ亡くなった赤穂観光大使の野村正樹さん(享年66歳)と親交が深かったミュージシャン、マーサさん(50)=本名・今尾昌子さん、東京都新宿区=が3月19日(水)、御崎の桃井ミュージアムでライブを催す。マーサさんは「天に届くように歌いたい」と赤穂での初ライブに熱い想いを寄せている。
 大手飲料メーカーの広報部長を務めた野村さんは早期選択定年制度を利用して50歳で独立。経営論にビジネス実用書、推理小説など100冊を超える著書を出版し、雑誌の連載やテレビ・ラジオの出演もこなした。妻・尚子(ひさこ)さん(66)は同ミュージアムのオーナー桃井香子さん(71)の実妹で赤穂生まれ。その縁で観光大使も引き受けた。
 マーサさんは35歳で脱サラし、マーケティングコミュニケーションのコンサルタントとして開業。その後、若き日に一度ストップした音楽活動を本格再開し、作詞作曲や各地でライブをしながら、昨年12月に2枚目のアルバム「ノスタルジック・ルージュ」をリリースした。シャンソン、クラシック、タンゴなどさまざまなジャンルの音楽を織り交ぜた作品には独特の郷愁が漂う。赤穂公演は岐阜、東京、新潟と続いた本ライブツアーの最終回だ。
 野村さんと知り合ったのは会社員時代の勉強会。そのマルチな活躍ぶりに大きな刺激を受け、共感を抱いた。野村さんは自分より3年遅れて独立したマーサさんと「相互マネージャー」と呼び合い、互いの仕事をPR。「仕事を楽しみ、一生懸命に生き抜いた野村さんの生き様を今なお忘れることはない」という。
 桃井ミュージアムには、野村さんの著作や愛用品を集めた部屋がある。マーサさんは昨年7月に初めて訪れ、ツアーの締めくくりとなる公演を野村さんが亡くなった3月に同ミュージアムで行うことを決めた。「野村さんが新しい縁を作ってくれた赤穂の地で、感謝の気持ちを込めて歌い上げる」と意気込む。
 午後2時開演。チケット(ドリンク、お菓子、お土産付き)は3500円。TEL56・9933。
<前の記事


関連サイト:
■桃井ミュージアム
■マーサ


掲載紙面(PDF):
2014年3月15日・第1部(2078号) 1面 (9,815,065byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中