忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

自閉症の少年が「夢」の作品展

 2013年05月21日 
チョークアート展を開催中のギャラリーで来場者を笑顔でもてなす山本淳一郎君
 「えかきやさんとカフェのマスターになること」を将来の夢に、絵画とパン作りの勉強に励む自閉症の少年がメニュー看板をイメージしたチョークアート作品展を新田のギャラリー「クラフト空のいろ」で開催中。ハンバーグステーキやプリンなど思わず食べたくなるような作品が目を引く。5月25日(土)には“一日マスター”になって手作りパンを提供する。
 たつの市御津町釜屋の山本淳一郎君(17)は幼いころから絵が得意。昨年には初めての絵本『クレヨンものがたり』を出版し、同ギャラリーなど複数の会場で短文詩を添えた個展を開いた。温かでやさしい作風が感動を呼んだ。
 黒い板に色とりどりのオイルクレパスで描く「チョークアート」は喫茶店やレストランのメニュー看板に好適。淳一郎君は1年前から月2〜3回、神戸の絵画教室で手法を教わる。教室で大好きな食べ物を描く時間がとても楽しく、教室に通うためなら苦手な電車や雑踏も辛抱できるようになった。一方、パン作りは2年前から地元のベーカリー教室に参加。これまでにバターロールやレーズンパンなど10種類近くを習得できた。
 「JUNのゆめ 17さいのさくひんてん」と題した今回の催しでは、とろけたバターの香りが漂ってきそうなホットケーキの絵など約40点を展示。25日は手作りパンセット(ドリンク付き、650円〜700円)を20セット限定で用意し、エプロン姿の淳一郎君が接客や給仕を頑張る。
 「たくさんのお客さんが来てくれたらうれしい」と期待する淳一郎君。「努力を応援したい」とギャラリーを提供したオーナーの山本照子さん(80)は「夢に向かって一歩一歩進む淳くんの温かな人柄を絵からもパンからも感じて」と話している。
 作品展は6月1日(土)まで午前10時半〜午後6時。日曜・月曜休み。TEL25・1604。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2013年5月25日(2039号) 3面 (9,376,959byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 塩屋地区 ]  [ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 自治会連合会が市議会定数削減を要望←あかさたな(10/12)
  • 山鹿素行のお話(11)後記←覆面居士(10/12)
  • 自治会連合会が市議会定数削減を要望←赤穂太郎(10/12)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中