忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

坂越出身の日本画家が絵本

 2013年03月16日 
日本画画業30年で初めて絵本作画を手掛けた赤穂出身の日本画家、後藤仁さん
 「アジアの美人画」を主題に創作を続ける赤穂出身の日本画家、後藤仁(じん)さん(44)=本名・仁(ひとし)、千葉県松戸市=が中国に伝わる民話を描いた絵本『ながいかみのむすめ チャンファメイ』の作画を担当。児童書大手の福音館書店からこのほど出版された。構想から5年がかりで完成させた労作。日本画ならではの繊細な画風が物語をみずみずしく紡いでいる。
 創刊50年以上の歴史を持つ月刊絵本『こどものとも』の3月号。水不足に悩む貧村で暮らす主人公の少女・チャンファメイが自らの犠牲をいとわず村に水をもたらすストーリーで、中国文学・民話研究の第一人者である君島久子氏=国立民族学博物館名誉教授=が再話した。
 作画に当たり、後藤さんは民話のモデルとされるトン族が暮らす貴州省と広西チワン族自治区の集落を10日間かけて巡り、家屋や衣服など生活様式を詳しく観察した。君島氏、編集者と何度も打ち合わせながら進めた下絵作りに3年かけた。岩絵具、箔、にかわなどを画材に伝統的な日本画技法で原画約20枚を仕上げ、君島氏から「髪の毛のひと筋ひと筋に描きこまれた絵師の魂が躍動している」と評された。
 小1の夏まで坂越で生まれ育ち、13歳で画家を志した後藤さんは大阪市立工芸高校を首席で卒業し、東京藝大へ。大学3年の写生旅行で訪れたインドネシアで伝統舞踊を舞う女性の神秘性に強いインスピレーションを受け、アジア各地の少数民族の女性を描くようになった。
 初めて手掛けた絵本の仕事は「協力して作品を仕上げる面白さ、個々の絵が絵物語にまとまるやりがい」があり、これまで経験したことがなかった子どもたちからの反響に新鮮な刺激を受けた。現在制作中のチベット民話の絵本は今秋に岩波書店から出版されることが決定。「ゆくゆくは日本の民話を描きたい」と抱負を語る。
 日本画の道を歩み始めてから今年で30年。転居後も度々帰省した赤穂の豊かな自然が「子供時代の私の感性を大いに刺激した」と振り返る。「その記憶は今も鮮明に残り、制作の最も大きな原動力になっている。いずれは故郷でも個展を開きたい」と話している。


掲載紙面(PDF):
2013年3月16日(2030号) 1面 (9,625,450byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • NHK『忠臣蔵の恋』主演は武井咲←福士誠治(08/25)
  • NHK『忠臣蔵の恋』主演は武井咲←しろひめ(08/25)
  • 障害児がシュノーケリング体験←ねこ(08/24)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集