忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

縁結び「姫御守」が人気

 2013年02月09日 
若い女性を中心に人気がある「姫御守」
 女性の祭神をまつる御崎の伊和都比売(いわつひめ)神社で、縁結びにご利益があるとされる「姫御守(ひめまもり)」が若い女性を中心に人気を集めている。わざわざ大阪や神戸から授かりに来る人や、「おかげさまで成就しました」とお礼参りに再来する人もあるとか。小さなかわいいお守りが“恋する乙女”のハートをつかんでいる。
 同神社は平安中期に編纂された『延喜式』に社名が記載されている古社。御崎沖の「八丁岩」という岩礁にあった祠を赤穂浅野家の初代藩主、浅野長直が現在の場所へ移し、天和3年(1683)に遷座された。古くから若い男女による姫神信仰が盛んだという。
 「姫御守」は長さ3・5センチほどの小判型。赤い着物を着た姫を綿布でかたどっている。一体一体少しずつ表情が異なる顔の部分は手書きで、どれもかわいらしく微笑んでいる。
 従来はオーソドックスな巾着型だったが、「女性が身に付けやすいものに」と15年ほど前に形を変えた。口コミで広まったのか、ここ2、3年で急に求める人が増加。2人で一個ずつ授かるカップル、娘や息子のために持ち帰る親のほか、たまに若い男性の姿もみられるという。
 全国各地の神社を調べ歩いている「縁結び神社研究会」の堀内克彦代表(34)=東京都府中市=は「お守りを身に付けることによって、自分を磨こうとする向上心や異性に対する積極性がアップすることが良い結果につながるのでは。参拝したときの初心を忘れないための“誓いの象徴”として持つのもよいですね」と“効能と使い方”を説く。
 「晩婚化が進んでいると言われていますが、実際は出会いや良縁を求めている人は多いのでしょう」と木村公一宮司(60)。「お守りが恋愛のきっかけや後押しになりますように」と祈っている。
 「姫御守」は1個500円。同神社の社務所で授与している。TEL42・3547。


掲載紙面(PDF):
2013年2月9日(2026号) 4面 (14,397,826byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集