忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. イベント
  3. 記事詳細

月と競演“光の天守閣”

 2011年12月07日 
月光の下、まばゆく光る「幻の天守閣」
 今年が築城350年にあたる上仮屋の赤穂城跡で、LED電球約3万個で城をかたどったイルミネーション「幻の天守閣」が完成。7日夜に試験点灯された。義士鎮魂の行事として赤穂青年会議所(JC・布袋昌吾理事長、43人)が設置。上空の月と競うかのように“光の天守”がまばゆく輝いた。義士祭前日と当日の夜に本点灯される。
 寛文元年(1661)に完成した赤穂城には財政的な理由などで天守閣は作られなかった。天守閣の電飾は「義士も夢見たであろう城を現世に」と平成18年から赤穂JCがスタート。二層建てから年々階を増やして2年前からは五層となっている。
 今年も本丸内の天守台に建築足場用の鋼管で地上約28メートルの骨格を仮設。「忠臣蔵」をテーマに公募した書や絵など約690点を掲出した大小約90基の行灯で周りを囲んだ。
 東日本大震災の犠牲者を弔う思いも込めたという布袋理事長(40)は「今年は大きな災害が続いたが、きれいな天守閣を見て気持ちを明るくしてほしい」と来場を呼び掛けている。
 ライトアップは両日午後5時半〜9時。13日には、築城からの年数にちなんで先着350人に木札(縦約15センチ、横約6センチ)を配布。来場者がその場で夢や目標を書き込んだ札を回収し、来年の「大石神社とんど祭」で焚き上げる。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2011年12月10日(1970号) 1面 (9,953,083byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

 2年前に、皆さんが一生懸命組み立てているのを見ていました。本当に大変そうな作業だと思いました。
 というわりには、輝いているところが見たことがないのが残念です。
投稿:くらのすけ 2011年12月07日
大変な作業で組み立てているようすなのに、2日間のお披露目ではもったいない気がします。
もっと長い期間でお披露目してほしいと思います。
投稿:さくら 2011年12月15日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 京アニ放火事件 武本康弘さんの死亡を公表←ヒロリン♂(08/13)
  • 城南野球場スコアボード LED改修竣工←元少年野球選手(08/12)
  • 京アニ放火事件 武本康弘さんの死亡を公表←アニメ好き(08/12)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中