忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. イベント
  3. 記事詳細

「義士に届け、光の天守」今年は5層

 2009年12月08日 
赤穂城本丸に出現した地上30メートルの“光の天守閣”
 義士祭奉賛イベントとして毎年好評の“天守閣イルミネーション”が今年も上仮屋の国史跡・赤穂城跡本丸に組み上がり、8日に試験点灯された。義士ゆかりの花岳寺に伝わる陶製の天守閣模型を基にした5層造り。12日(土)から14日(月)まで午後6時〜9時に灯される。
 “光の天守閣”は赤穂青年会議所(寺田眞康理事長)が平成18年に始めて4年目。初回の2層建てから毎年1階ずつ高くしてきた。今年は約12トン分の建設足場用鋼管を組んだ骨格におよそ2万2000個の豆電球を配線。地上からの高さは10階建てビルに相当する30メートルに達した。
 赤穂城は寛文元年(1661)に赤穂浅野家初代藩主の浅野長直が築城。天守台も作られたが、藩の財政事情などで天守閣は築かれなかった。花岳寺所蔵の「甲州流天守閣雛型」は「天守閣を夢見た藩士たちの思いを形にしたものではないか」との説がある。
 「城の雰囲気を増すために破風の形状や窓枠の大きさを工夫した」と寺田理事長。「この光が義士の魂に届けば」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2009年12月12日(1874号) 1面 (10,225,262byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

これを義士祭の期間だけはもったいないので赤の字の電気を消してもよいので
ずっとこれを保存して観光の目玉にすることは無理なのでしょうか?
せっかくの作品を3日間だけってもったいないような気がします。
投稿:市民 2009年12月10日
市民さんのご希望はありがたいことです。
しかし、電球の球切れや、電線の破断など、使用部材も年々痛みが激しくなり、
保存に耐えれるだけの状況ではありません。
我々赤穂青年会議所会員が、毎日、メンテナンスのために本丸に出向き、毎日チェックをして、
なんとか3日間をクリアしている状況です。
維持管理をするためには、莫大な労力と時間がかかります。
しかも、商工会議所青年部さんから電球をお借りし、市の協力と、青年会議所会員の会費で作成されているため、
維持管理していくお金もありません。
喜んでいただけるのはありがたいことですが、文化庁管理の天守台でもあるため、
勝手なこともできないのが現状です。
どうかご理解いただけますようお願いします。

投稿:イルミネーション製作者 2009年12月10日
義士祭の風物詩にして、どんどんPRして、募金をしてもらえばいいんだよ。
投稿:風物詩 2009年12月10日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「かっこいい大人へ」成人祝賀式←東備西播(01/18)
  • JK目線で赤穂の魅力発信←東備西播(01/18)
  • 梅原猛氏死去 能「河勝」執筆 赤穂観光大使も←東備西播(01/18)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中