忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

歴博で「赤穂を治めた藩主」展

 2009年11月27日 
歴史博物館で好評開催中の特別展
 明治の廃藩置県まで12代165年にわたって赤穂藩を治めた森家ゆかりの品を集めた特別展「赤穂を治めた藩主−森家−」が上仮屋の市立歴史博物館で開かれている。これまで門外不出だった「森家先代実録」の原本など69点が展示される。
 森家は織田信長の家臣だった森可成を中興の祖とする大名。津山藩18万6500石を治めたが、藩主の死と無嫡子で元禄10年(1697)に改易に。備中西江原に所領を得た後、宝永3年(1706)に赤穂へ転封となった。
 「森家先代実録」は8代藩主忠哲の命で編さんされた。本編28巻と補遺編2巻からなり、初代長直までの家史がまとめられている。旧藩主家に伝わる原本が公開されるのは初めて。
 3代長生が朝廷から授かった宣旨、森家の合印「十字紋」が入った足軽具足、軍配も普段は非公開の品。その他にも長直所用の具足、香道や茶の湯をたしなんだ7代忠賛作の茶碗、今年度の発掘調査で江戸上屋敷跡(東京都港区芝)から出土した屋根瓦など興味深い展示内容となっている。
 森家にスポットを当てた特別展は赤穂では初めて。木曽こころ学芸員は「歴代の藩主家の中で最も長く赤穂を治めた大名について知ってもらえる機会になれば」と話している。
 1月12日(火)まで午前9時〜午後5時。水曜休館(12月23日は開館し、24日休館)。入館料は高校生以上300円、小中学生150円。Tel43・4600。
 図録(1100円)は同館窓口で販売。12月6日(日)午後2時から同館講義室で、大石神社非常勤学芸員の佐藤誠氏による講演会「森家の遺品について」が行われる。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2009年11月28日(1872号) 1面 (9,761,205byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「かっこいい大人へ」成人祝賀式←東備西播(01/18)
  • JK目線で赤穂の魅力発信←東備西播(01/18)
  • 梅原猛氏死去 能「河勝」執筆 赤穂観光大使も←東備西播(01/18)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中