忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

“幻の陸軍教育隊”存在示す資料

 2009年08月01日 
非核平和展で紹介される赤穂陸軍高射教育隊の資料
 終戦前後のわずか1カ月足らずだけ編成され、ほとんど知られることなく姿を消した「赤穂陸軍高射教育隊」の存在を示す資料が8月6日(木)から市立図書館で開催の「平成21年度非核平和展」で展示される。入場無料。
 同教育隊は、空襲で焼けた千葉陸軍高射学校浜松分教所を補うため、第2次世界大戦末期の昭和20年8月7日、陸軍所属の高射砲兵養成機関として作られた。当時の軍部は連合軍上陸に備えようと、急ごしらえの新設部隊を各地に配置しており、同隊もその一つとみられている。
 編成から8日後に終戦を迎え、隊員らは9月1日に復員完了。秘匿事項とされた部隊に関する情報は闇から闇へと葬られ、実態が語られることはなかった。終戦からおよそ半世紀経った平成6年ごろ、当時市史編さん専門委員だった宮川秀一さん(故人)が古書店で部隊解散時の残務整理書類とみられる冊子など約30点を発見。赤穂の昭和史を物語る貴重な資料として市が購入し、歴史博物館で所蔵している。
 今回展示されるのは、連合軍に兵器を引き渡すために英語で書かれた「兵器引渡品目員数表」、印鑑が6個入った木箱など11点。そのうち、“極秘”の赤印が押された「昭和二十年七・八月行事書類」など6点は市の所蔵後、初めて公開される。
 展示を企画した市総務課は「赤穂に軍の養成学校があったことはあまり知られていない。この機会に平和の大切さを考えてほしい」と来場を呼びかけている。
 同展は8月9日(日)まで1階ギャラリーで午前9時〜午後5時。市立民俗資料館蔵の軍服、銃剣、開戦時極秘電文など約60点も展示。8日と9日は原爆の悲惨さなどを描いた映画を午後2時から上映する。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2009年8月1日(1858号) 1面 (7,959,107byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 赤穂地区 ]  [ 社会 ]

コメント

 私はS20.4.1千葉陸軍高射学浜松分教所生徒隊第4期生(当時14,15歳)に入隊防空技術の教育訓練をしていた。5月29日・6月18日の空襲で兵舎が焼失し、静岡県森町に移駐する。戦局が日に日に悪化し本土決戦に備えてか出身地別に東西に分けられ8月8日西部教育隊は赤穂中学等に分散して移駐したが、15日終戦の詔勅を校庭で聞いた。生徒隊約300人、特別幹部候補生隊約100人が居た。資料が必要でしたら送ります。
投稿:新川辰郎 2010年08月25日
 ご投稿ありがとうございます。ぜひ一度お話しを聞かせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
投稿:赤穂民報 2010年08月26日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に←温故知新。(06/24)
  • 御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に←赤穂民報(06/24)
  • 御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に←温故知新。(06/24)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中