忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

友道師、ダービーは無念の涙雨

 2009年05月31日 
不良馬場がこたえて自慢の末脚を発揮できず12着に敗れたアンライバルド号(左)
 競馬のGI「第76回日本ダービー(東京優駿)」は31日、東京競馬場芝2400メートルで行われ、坂越出身の友道康夫調教師(45)が管理する皐月賞馬アンライバルド号は12着に敗れ、クラシック2冠はならなかった。優勝は2番人気のロジユニヴァース号(横山典弘騎手)で勝ち時計は2分33秒7だった。
 前日午前に降った雨をたっぷり含んだ東京競馬場。この日も追い打ちをかけるように午後から強い雨となり、芝コースは「まるで田んぼのよう」(JRA関係者)という不良馬場で発走を迎えた。
 レースはスタートからスローペース。最外の8枠18番ゲートから発走した同馬は集団後方に位置し、最後の直線での逆転に望みを託したが、ぬかるんだ馬場で自慢の末脚が伸びず、1番人気に応えることができなかった。
 レース後、友道師は「全然前に進んでいなかった。ゴール前では走りがバラバラだった。馬場が悪かったことにつきる。少々の道悪なら大丈夫と思ったが」と無念そうに語った。
 父ネオユニヴァース、兄フサイチコンコルドに続く父子・兄弟でのダービー制覇はならず。友道師は、「菊花賞で巻き返しですね」との報道陣の問いにうなずき、秋戦線での雪辱を胸に誓っていた。

■友道康夫調教師のレース後の取材陣とのやり取り
−敗因は?
「馬場ですね」
−(アンライバルドの)走りをどのように見たか?
「ゴール前で走りがバラバラ。力のいる馬場はだめなんだ」
−馬のコンディションは?
「よかった。問題なかった」
−ということはやはり馬場状態が問題だったと?
「これだけの雨が降ると…。少々の道悪ならこなすと思っていたが。全然前に進んでいなかった」
−今後の予定は?
「放牧に出します」
−菊(菊花賞)で巻き返しですね
「そうですね。そうします」
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2009年6月6日(1850号) 4面 (7,699,568byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中