忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

「坂越盆踊り」のルーツを探る

 2009年04月17日 
「ふるさとの歴史33号」。表紙の切絵は佐方直陽さん作「生島」
 坂越地区にまつわる郷土史研究の成果をまとめた冊子「ふるさとの歴史33号」(B5判、18ページ)をこのほど受贈した。
 坂越公民館と坂越歴史研究会が年1回発刊。郷土史家による調査、研究の考察レポートなどを掲載している。
 今号には4個人1団体が寄稿。その中に大西吉甫さん(本名・孜)の「坂越盆踊りの伝承」があった。
 市無形民俗文化財に指定されている「坂越盆踊り」の原型を残す青島(愛媛県大洲市)と、そのルーツとみられる白石島(岡山県笠岡市)の盆踊りについて取材。類似点を比較しつつ、変遷を検証している。
 レポートによると、踊りの隊形が青島と白石島では輪になるのに対し、坂越は2列対面。また、坂越では太鼓だけでなく三味線、尺八も音頭囃子に加わる特色がある。
 この点について大西さんは、▽山の斜面が海岸まで迫り、輪踊りが可能な広場がなかった▽「説教」と呼ばれた歌舞音曲を生業とする人たちが多く住んでおり、振付、編曲に関わった−と理由を考察。「音頭、樽を含めた囃子方の充実と継承が今後の課題である」と結んでいる。
 同冊子は120部発行。市立図書館、各地区公民館などで読むことができる。
 その他の掲載論文は次のとおり。敬称略。
 ▽「大避神社巡りに参加して(二)」佐方直陽
 ▽「坂越浦と大般若経六百巻についての考察」牟禮宗弘
 ▽「瀬戸内海の盆踊り(2)」篠原明
 ▽「遥拝所の復元」児島高徳卿顕彰会
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2009年4月18日(1844号) 4面 (6,598,722byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6 7 8

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 期末・勤勉手当 総額7億超←しみん(12/13)
  • 内蔵助介錯の刀も「元禄赤穂事件」展←菓笑(12/13)
  • 期末・勤勉手当 総額7億超←赤穂民報(12/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中