忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 政治商業・経済
  3. 記事詳細

市内限定3000円券 全市民に給付へ

 2021年03月06日 
 長引く新型コロナウイルス感染症の影響で打撃を受けた地域経済の活性化を図ろうと、赤穂市は市内店舗で使える3000円分の商品券を全市民に給付する「あこう地域応援商品券事業」を計画した。
 事業費を盛り込んだ2021年度一般会計補正予算案を3月12日の定例会に追加提案し、可決される見通し。
 市の事業計画によると、商品券は500円券の6枚綴りで、うち4枚は飲食店または売場面積1000平方メートル未満の小規模店舗限定とする。今後設定する「基準日」時点で市の住民基本台帳に記録されている市民全員に郵送する。
 事業費1億9700万円(うち商品券分1億4100万円)の約9割を国の地方創生臨時交付金でまかなう。
 使用期間については、「新型コロナウイルス感染症収束後、3か月間」を予定。「安心して市内経済を回せる状態かどうか、感染状況などを総合的にみて判断する」(商工課)としている。基準日は使用期間開始の2か月程度前に設定される見込みだ。
 商品券を利用できるのは、事前に取扱事業所に登録した市内店舗のみ。市は補正予算案が議会で可決されれば、取扱事業所の公募を5月ごろからスタートする計画としている。
 市は「打撃を受けた市内事業者と家計負担の増えた市民の支援につながれば」と話している。
<前の記事


コメント

まだどこで使えるかは何も決まってませんよ
公募が終わってから市が発表するんじゃないですかね
一人あたりかどうかの質問もそうですが記事に書いてありますよね
記事をまともに読んでからそれでも分からない事があれば質問すべきなのではと思います

そう思う 16

投稿:太郎 2021年03月07日
1000平方メートル…具体的にどこで使用出来るのか教えて頂きたい

そう思う 11

投稿:売り場面積… 2021年03月06日
 市民1人につき1セットです。

そう思う 2

投稿:赤穂民報 2021年03月06日
一人あたりなんでしょうなんでしょうか

そう思う 2

投稿:母さん 2021年03月06日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂健福事務所管内で2人感染←徳爺(04/11)
  • 赤穂健福事務所管内で2人感染←赤穂民報(04/11)
  • 赤穂健福事務所管内で2人感染←匿名(04/11)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺