忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

故大上三穂子さん 川柳仲間が遺句集

 2021年02月26日 
遺句集と在りし日の大上三穂子さん
 川柳赤穂吟社の創立世話人、故大上三穂子さん=本名尚子(たかこ)=の遺句集がこのほど刊行された。
 大上さんは賢明女子学院短大の図書館司書として勤務するかたわら、「時の川柳社」同人となり、1991年に句集『紫野』を上梓。2011年には川柳赤穂吟社の前身となる「赤穂川柳講座」を創設した。一昨年3月から一年間、「赤穂民報川柳」の選者を務めたが、昨年8月に81歳で亡くなった。
 遺句集は『三穂子ー赤穂吟社と歩むー』と題し、「泣きに行く場所は近距離亡母が待つ」「この世今こころこぼれて花に酔う」など故人の作句約130句を収録した。会員20人が追悼文を寄稿。大上さんが赤穂民報川柳の選者として秀句に選んだ会員の作品と選評も掲載した。
 遺句集を編集した川柳赤穂吟者講師の濱邉稲佐岳さん=姫路市=は「現在の川柳赤穂吟社があるのは三穂子さんのおかげ。もう少し長生きして吟社を引っ張ってほしかったが、柩に横たわる彼女は安らかで、一生を満足に生きたという表情だった」と偲んだ。
 遺句集についての問い合わせはTel090・3721・9295(濱邉さん)。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年2月27日号(2406号) 4面 (8,072,256byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 就任2年 牟礼正稔市長に聞く←給食無償化をぜひ(04/17)
  • 『忠臣蔵』全7巻、30年かけて完結←西本雅哉(04/17)
  • 今夏の県知事選 長岡県議は金澤氏支持←県民(04/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺