忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

かんぽの宿赤穂 5日再オープン 日帰り入浴6日から

 2021年01月30日 
リニューアルされた「かんぽの宿赤穂」の露天風呂。朝日が美しい
 改修工事のため昨年9月から休館していた御崎の宿泊施設「かんぽの宿赤穂」がリニューアルを完了し、2月5日(金)から再オープンする。日帰り入浴は6日(土)午前11時から営業を再開する。
 拡張した1階ロビーは新たにテラスラウンジを設けて開放感がアップ。大浴場は、瀬戸内海と湯面が一体に見えるインフィニティ露天風呂に改修し、内湯の大浴槽も温泉に変更した。最上階の4階は全客室ウッドデッキバルコニー付きのクラブフロアとなり、うち一室は半露天風呂が付いている。
 宿泊(1泊2食、1室2人以上、税込)は▽蒼凪(あおなぎ)プラン(クラブフロア付2万3000円〜)▽春の播州プラン(1万6800円〜)▽元禄プラン(1万3800円〜)など。
 日帰り入浴は午前11時〜午後2時半(受付終了1時半)と午後6時〜9時(同8時)で平日1000円(小学生700円)、土日祝・特定日1200円(同900円)。問い合わせはTel43・7501。
 再オープンへ向けて昨年12月からスタッフ研修を重ねてきたといい、丸金賢治総支配人は「コロナ禍ではありますが、地域の皆様に愛される宿として、おもてなしに社員一同取り組んでいきたい」と抱負を語った。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年1月30日号(2402号) 4面 (8,157,171byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 感染経路不明の10代男性が陽性←匿名(04/20)
  • 感染経路不明の10代男性が陽性←赤穂民報(04/19)
  • 感染経路不明の10代男性が陽性←えいちー(04/19)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警