忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会商業・経済
  3. 記事詳細

赤穂のカキも出荷再開「身入りしっかり」

 2020年12月23日 
 播磨灘西部の養殖マガキから貝毒が検出された問題で、兵庫県は23日、赤穂市海域のカキの安全性を確認し、今月1日から赤穂市漁協に要請していた出荷自主規制を、たつの、相生に続いて解除した。
 県が赤穂市海域で採取したマガキを調べた貝毒検査では、12月8日採取分と15日採取分で基準値を下回り、22日採取分からは検出されなかった。「3週続けて基準値以下」と定める出荷自粛要請の解除基準を満たしたため、23日に要請を解除した。
 県水産技術センターによると、カキなど二枚貝の貝毒は海水中のプランクトンによるもの。毒をもったプランクトンがいなくなれば、貝は安全になる。赤穂市海域で12月21日に採水した海水からは有毒プランクトンは検出されなかった。
 市漁協によると、24日から本格的に出荷が再開される見通し。出荷自粛により養殖期間が長くなったことで、「身入りのしっかりした良質なカキが育っている」という。安全性をアピールしつつ、一度中断した販路をどこまで回復して売上を挽回できるかが課題となる。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年1月1日号・第2部(2399号) 1面 (3,942,787byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

何とか年内出荷出来る状態になりましたね。
楽しみにしておりました。
牡蠣養殖業者の皆様、巻き返してくださいませ。

赤穂市の皆さん、地産地消で、応援しましょうね!

そう思う 18

投稿:よかった!!! 2020年12月23日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市内の累計感染者数46人に 2月26日時点←徳爺(03/02)
  • 《市議選2021》立候補予定者説明会に20陣営←今日から本議会(03/01)
  • 《市議選2021》立候補予定者説明会に20陣営←ほんまたのむでー(02/27)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺