忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

昭和の大嘗祭 92年前の道具見つかる

 2020年11月21日 
昭和の大嘗祭に乾鯛を献上した際の道具一式を寄贈した今井宏明さん=右から2人目=と「尾崎を語る会」のみなさん
 昭和天皇の皇位継承に伴う大嘗祭(1928年)に「庭積(にわづみ)の机代物(つくえしろもの)」として献上した赤穂の乾鯛を調理、運搬するのに使われた道具一式が当時の関係者宅でこのほど見つかり、赤穂市立歴史博物館へ寄贈された。
 大嘗祭は、天皇が即位後初めて行う新嘗(にいなめ)祭。全国各地から特産の農産物や海産物が「庭積の机代物」として集められ、昭和の大嘗祭では、兵庫県から小麦、米、栗とともに赤穂の乾鯛5尾が供納された。
 乾鯛の調理から供納まで責任者を務めた尾崎の今井三造(1870−1938)が記録のために残した資料によると、丸山海岸にあった江戸時代の砲台跡を整地して石垣を組んで調理場を建築。鯛をさばく刃物(坂越村の田川三蔵・三次郎父子謹製)から献上箱に結ぶしめ縄(尾崎村の久野直吉父子謹製)に至るまで、ほぼすべての道具をこの行事のために特製した。三造をはじめ調理人たちは医師の健康診断を受け、氏神に参拝してから作業に取りかかった。調理から乾燥まで8日間かけて完成。大勢の村人たちに万歳で見送られ、船と車、鉄道を乗り継いで京都御所へ納めた。
 道具一式は今井家の2階物置にあり、鯛の骨を抜いたとみられるピンセット、乾燥に使ったすのこ、乾鯛を運んだ唐ひつ(横約75センチ、奥行約45センチ、高さ約75センチ)や奉仕者がかぶった烏帽子などのほか、鯛の皮から外したうろこも捨てずに紙に包んだ状態で残されていた。三造の孫の宏明さん(76)が地元の歴史研究グループ「尾崎を語る会」(八幡昭海会長)に相談し、市へ寄贈することにした。
 「大嘗祭への献上に携われたことは祖父にとって大変な栄誉だったのだろう」と宏明さん。寄贈を受けた同館は「村をあげての一大行事だったことがうかがえる。貴重な歴史資料として大切に保管したい」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年11月21日号(2393号) 3面 (9,473,567byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

貴重なものが残されていたんですね。
田川三次郎氏(俗称 ずれの鍛冶屋 屋号 地蔵鍛冶)…赤穂市最後の鍛冶職人ですね。
昭和60年頃が、最後の仕事されたと記憶しています。

そう思う 0

投稿:いいね! 2020年11月21日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • マガキから貝毒の可能性 県が出荷自粛要請←残念…(12/01)
  • ル・ポン音楽祭 アーカイブ動画を公開←赤穂民報(12/01)
  • ル・ポン音楽祭 アーカイブ動画を公開←H2O(12/01)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺