忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

日展 書の部門で赤穂から2人入選

 2020年10月27日 
日展入選の清水まみさん(左)と西川長子さん
 「改組新第7回日本美術展覧会」(公益社団法人日展主催)の審査結果発表がこのほどあり、書の部門で塩屋の清水まみさん(64)と新田の西川長子さん(65)が入選した。同部門の応募点数は8431点で、入選は1069点(うち初入選189点)だった。
 書道講師の清水さんは7年連続の入選。万葉集から柿本人麻呂の和歌「あしひきの山かも高き巻向の岸の子松にみ雪降り来る」を調和体で書した。過去2回は紙を横にした作品を出品したが、今回は「ダイナミックな感を表現できれば」と3年ぶりに縦に使い、味わいのある作品に仕上げた。
 今年は新型コロナウイルス感染症の影響で主要な公募展が軒並み中止となり、「自分にとって書とは何なのか、改めて見つめ直す機会になった」という。「書を続けられるのは家族や周囲の理解と協力のおかげ。これからも感謝の気持ちをもって書に向き合っていきたい」と語った。
 元小学校教諭の西川さんは29歳のとき、「子どもたちに習字を教えるときの助けになれば」と書道を始めた。早期退職を機に日展への応募を始め、10回目の挑戦となった今年、初めての吉報が届いた。
 入選作は「正岡子規と並んで大好きな歌人」という伊藤左千夫の「秋更けて日和よろしき乾草のうましきかをり小屋に満たせり」「夜ふかく唐辛にる静けさや引窓の空に星の飛ぶ見ゆ」の2首を書した。
 これまでのかな作品から初めて調和体に変えて出品。「自分の思うような線」を求めて書き続け、自宅に保管してあった紙をすべて使い果たしたという。
 努力してつかんだ初入選を喜びつつ、「ありがたいのと同時に身が引き締まる思い。もっともっと頑張ろうと思います」と精進を誓った。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年10月31日号(2390号) 4面 (10,103,089byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • マガキから貝毒の可能性 県が出荷自粛要請←残念…(12/01)
  • ル・ポン音楽祭 アーカイブ動画を公開←赤穂民報(12/01)
  • ル・ポン音楽祭 アーカイブ動画を公開←H2O(12/01)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺