忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会お知らせ
  3. 記事詳細

市制70周年へシンボルマーク公募

 2020年08月08日 
過去のシンボルマーク優秀賞作品
 赤穂市は来年9月の市制施行70周年へ向け、記念シンボルマークとキャッチフレーズを公募する。
 赤穂市は1951年(昭和26年)9月1日に赤穂町と坂越町、高雄村が合併して発足した。来年が市制施行から70周年の節目となることからシンボルマークとキャッチフレーズを募集する。
 いずれも自作の未発表作品に限り、1人で複数の応募も可。応募用紙の余白部分に100文字以内の作品説明と郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、生年月日、職業(学校名・学年)、電話またはファクス番号を明記し、8月31日(月)消印有効で市企画課(Tel43・6867、メールkikaku@city.ako.lg.jp)へ持参または郵送、メールで応募すればよい(ファクスは不可)。
 市委嘱の選考委員が優秀賞1点と佳作2点を選考し、賞状と記念品を贈呈する。版権と著作権は市に帰属し、優秀賞作品は市制70周年記念事業の各種PRに活用される。
 主な応募規定は次のとおり。
 ▽シンボルマーク=「70」の数字をあしらい、赤穂らしさを表すもので、親しみやすく、新鮮で独創的なもの。着色は5色以内とし、複雑な色彩は避け、単色でも使用可能なデザイン。
 ▽キャッチフレーズ=70周年事業への関心を高めるとともに、親しみやすく、新しい時代へ飛躍する赤穂のイメージを簡潔に表現するもの。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年8月8日号(2381号) 4面 (8,559,869byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 忠臣蔵カルチャー動画で チャンネル開設←ゆら(09/21)
  • 忠臣蔵カルチャー動画で チャンネル開設←ゆら(09/21)
  • 木津に韓国料理店 本オープン10月1日←ぼんおくん(09/18)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺