忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

平松国秀さん写真展「光あふれて」

 2020年07月07日 
平松国秀さんと展示作品
 兵庫県写真作家協会の会員、平松国秀さん(72)=高野、フォトクラブ赤穂会長=がギャラリー喫茶「高瀬舟」(坂越1654)で作品展「光あふれて」を開いている。
 周世の麦畑で茎に止まったカゲロウをモチーフにした「初夏の朝」(2004年二科展奨励賞)、坂越の船祭りでバタ板に上った若者の一瞬を半逆光で捉えた「クライマックス」(18年県写真作家協会展入賞)など公募展で入賞・入選した7点。朝もやに包まれた中、通勤通学する人や車掌の姿を組み写真にした「ローカル駅」(19年同協会展・協会長賞)はJR姫新線上月駅に何度も通った労作だ。
 高校のときに趣味でカメラをはじめた平松さん。若いころは赤穂が生んだ国際的写真家、山本正二(1913−2008)が主宰した「赤穂光影会」で学んだ。「被写体に光が差し込んだ一瞬を見てもらえれば」と話している。
 7月30日(木)まで午前10時〜午後4時(金土日休み)。Tel48・7122。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年7月11日号(2378号) 1面 (5,428,231byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存←屋台練り(10/24)
  • 電光表示で安全運転呼び掛け←アオリダメ(10/24)
  • 大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存←赤穂民報(10/24)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺