忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

尾崎の公園で地中から産廃 造成時に埋立か

 2020年06月13日 
 尾崎の田中町児童遊園で今年2月、市の公共工事で掘削した地中から1970年代の造成時に埋められたとみられる廃材やがれきなどが見つかった。耐震性防火水槽を埋設工事中のさつき町の尾崎第3公園でもコンクリートがら、木くずなどが出土。市はこれらを「廃棄物混じり土」として処分した。
 市公園街路課によると、処分した廃棄物混じり土は、田中町児童遊園で約350立方メートル、尾崎第3公園で約470立方メートル。6月議会に上程された今年度一般会計補正予算案に処分費用として計7480万円を計上した。
 市の話では、1997年の法改正までは面積3000平方メートル未満の安定型産業廃棄物処分場は設置許可の対象外だったため、がれきやコンクリートがらなどを「土地造成材」として埋立に使用しても違法ではなかったという。しかし、今回のように一旦掘り起こしたものを埋め戻すと「不法投棄」になるため、廃棄物混じり土として適正に処分しなければならない。
 同課は、「今後、法改正以前に造成された土地で工事を行う場合は、事前に試掘するなど何らかの対応を検討する必要がある」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年6月13日(2374号) 1面 (4,244,493byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 尾崎地区 ]  [ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂健福事務所管内で3人感染←赤穂市内労働者(10/26)
  • 祭り中止も自慢の屋台を特別公開←屋台練り(10/25)
  • 電光表示で安全運転呼び掛け←tk(10/25)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺