忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会商業・経済
  3. 記事詳細

コロナ窮地の事業者をクラウド支援

 2020年05月17日 
支援を呼び掛けているクラウドファンディングのイメージ写真
 新型コロナウイルス感染症の影響で多くの業種が打撃を受けている中、赤穂市内のかき養殖会社や酪農家、旅館などをクラウドファンディングで支援するプロジェクトが立ち上がっている。
 プロジェクト「コロナでピンチ!! 赤穂の名産品を救ってほしい!! 赤穂の絶品を味わってほしい!!」は大阪の食品卸会社が企画。赤穂産牡蠣の加工品や調理パン、新鮮生乳で作ったジェラートなどを返礼品に1口2000円〜6300円の10種類のコースで支援を呼び掛け、集まった寄付金を各店に提供する。
 もう一つのプロジェクト「コロナに負けたくない! 古民家旅館“Kariya Ryokan Q ” を守りたい」は昨年5月に古民家を改装してオープンした旅館「加里屋旅館Q」のスタッフが始めた。一口1000円〜20万円の15コースで支援を募り、返礼品は食事や宿泊に使えるお得なクーポン券。1泊2食付きペア宿泊券が2セット返戻される10万円のコースは約3万6000円分もお得になるという。
 5月17日時点で「赤穂の名産品」には43人から計20万円近くの支援が集まり、「加里屋旅館Q」には31人から計59万円が寄せられている。
 いずれもクラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー」で6月30日まで支援を受け付けている。
<前の記事


関連サイト:
■コロナでピンチ!!赤穂の名産品を救ってほしい!!赤穂の絶品を味わってほしい!!
■コロナに負けたくない!古民家旅館“Kariya Ryokan Q ” を守りたい


掲載紙面(PDF):
2020年5月23日号(2371号) 1面 (4,330,125byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

もうすぐ緊急事態宣言が解除されますから、今のうちにお得なクーポンをゲットしておくとよさそうですね。
投稿:通りがかり 2020年05月18日
飲食店や楽しみにされている方には厳しいことですが、緊急事態宣言が解除されてもコロナ前の日常に戻せるとは思えません。もちろん経済的精神的な困難があるので、何でも自粛すればいいものではありませんが...
投稿:別れ道 2020年05月19日
宿泊できる日を楽しみにしておきます。
投稿:協賛しました 2020年05月21日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「小規模事業者の救済を」ネットで署名運動←乗り鉄自粛中(05/27)
  • 「小規模事業者の救済を」ネットで署名運動←一言居士(05/27)
  • 補正予算案可決 早くも迫られる追加策←赤穂民報(05/27)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中