忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会事件・事故
  3. 記事詳細

《西有年産廃》事業者と社長代理を書類送検

 2020年03月30日 
 西有年の産業廃棄物最終処分場建設計画の予定地で、事業者が赤穂市に届け出なく立木を伐採した問題で、赤穂署は事業者と役員の男を森林法違反(無届け伐採)の容疑で神戸地検姫路支部へ書類送検した。3月19日付け。
 送検されたのは、大阪府豊能町の東洋開発工業所(西脇勝社長)と社長代理の男(64)。
 捜査関係者によると、同社は昨年2月から7月にかけて、自社が所有する西有年の山林で、赤穂市長に届け出をせず立木約2450本を業者に依頼して伐採した疑い。伐採面積は約4500平方メートル。
 同署は社長代理が事業を一任されていたとみており、調べに対し、社長代理は「機材搬入のため、多少の立木の伐採は理解していた。当社が初めて取り組む事業であったため、費用や期間、成果を気にするあまり、他のことに目が行き届かなかった」などと供述したという。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年4月4日号(2366号) 3面 (7,259,384byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

「初めて取り組む事業であった」ら何やってもいいの?それが犯罪でも??
投稿:言い訳ですらない 2020年03月30日
産廃業者には、何の為に産廃施設を造るのか問い質すのも一つの方法じゃないか
投稿:何の為に 2020年03月30日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「小規模事業者の救済を」ネットで署名運動←乗り鉄自粛中(05/27)
  • 「小規模事業者の救済を」ネットで署名運動←一言居士(05/27)
  • 補正予算案可決 早くも迫られる追加策←赤穂民報(05/27)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中