忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史子供ボランティア
  3. 記事詳細

作るぞ「歌って踊れる」義士ソング

 2020年02月01日 
赤穂義士をテーマに子どもたちが歌って踊れる曲とダンスの完成を目指している平田孝光さん
 赤穂義士をテーマに子どもたちが歌って踊れる曲と振付を創作しようと、市民有志の実行委員会がプロジェクトに取り組んでいる。
 「若い世代に『忠臣蔵』に関心を持ってほしい」と実行委会長の平田孝光さん(78)=中広=が発案。趣旨に賛同した人たちからカンパが寄せられ、平田さんは「みなさんの思いに感謝して、必ずプロジェクトを実現してみせる」と意欲に燃えている。
 平田さんは子どものころから忠臣蔵の映画が大好きで、38歳で仕事の関係で赤穂に移住してからは赤穂義士を誇りに思うようになった。
 「義士の武士道精神を勇壮な唄と踊りで表したい」と一昨年、出身地である鳥取の郷土芸能「傘踊り」をヒントに「赤穂義士やり踊り」を考案。民謡調のオリジナル音頭を作って広めようとしたが、若い世代の反応は今いちだった。周囲に相談する中で、「今流行している『パプリカ』みたいに、小学生や幼稚園児が楽しく歌って踊れるメロディーとダンスを作ろう」という新たな方向性を見出した。
 広告代理店で大手企業の宣伝プランを手掛けた経験があり、地域活性化について市民からの相談に乗っている赤穂市の西村淳一・戦略プロデューサー(65)の仲介で、CM音楽やゲーム音楽の作曲家にテーマソングを依頼することにした。曲が完成すれば、子どもたちによるダンスユニットを結成して、春の義士祭などでのお披露目を目指すという。
 曲作り、振り付け、ちらし制作など必要な費用は30万円。友人や知人、地元企業や商店にも飛び込みで協賛をお願いに回り、これまでに約15万円が集まった。不足分は荷物配達の仕事で得た貯金から捻出するつもりだという。
 寄付した人からは「子どもたちのダンスユニット、早く見たい」「赤穂の元気につなげて」などと励ましの声が届いている。「私の願いは『ふるさとを愛する子に育ってほしい』ということ。その思いを汲んでもらえることがうれしい」と平田さん。「一人でも多くの方に賛同してもらって、やり遂げたい」と話している。
 問い合わせは平田さんTel090・1444・3505。カンパ協力は2月13日(木)までクラウドファンディングの「FAAVO(ファーボ)兵庫」でも受け付けている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年2月1日号(2358号) 1面 (5,215,151byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 高取峠トンネル化 4種類のルート候補案←赤穂市民(02/28)
  • 市職員給与一部カットへ 市長は年間153万円減←一般社会人(02/28)
  • 新型感染に備え休校園ガイドライン 卒業式は時短←変人(02/28)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中