忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. イベント
  3. 記事詳細

“光の天守閣”今年は4層造り

 2008年12月10日 
赤穂城本丸に設置された「天守閣イルミネーション」
 赤穂城跡本丸にイルミネーションで城をかたどった“光の天守閣”が今年も組み上がり、10日夕に試験点灯された。義士祭奉賛イベントとして13日と14日の午後5時〜9時に点灯。4層造りの威容が冬の夜空に輝きを放つ。
 赤穂城は寛文元年(1661)に浅野長矩の祖父長直が築城。天守台も作られたが、藩の財政事情などから天守閣は築かれなかった。
 「四十七士も夢見たであろう天守閣を現世に」と赤穂青年会議所(矢野英樹理事長)は2年前、義士祭の前当夜に2層建ての「天守閣イルミネーション」を設置。市民、観光客から好評だったため、昨年は3層に高さを増し、2日間で約1万3000人が見物に訪れた。
 今年はさらに一層上積みし、地上からの高さは8階建てビルに相当する24メートル。骨組みに使用した鋼管はおよそ8トン、配線した電球は約1万5000個に上った。
 「城らしいシルエットを表現するように設計を工夫した」と矢野理事長。「一人でも多くの人に見てもらい、義士に思いをはせてもらえれば」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2008年12月13日(1826号) 1面 (7,334,444byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

神戸のルミナリエに行ったんですが、存続の為に樽募金をしていました。
赤穂城のイルミネーションの存続のため、募金箱を設置して、市民、観光客に募金を呼びかけたら、どうですか
投稿:くらのすけ 2008年12月11日
毎年、青年会議所さんが、手作りでされていると聞いています。
大変な労力と日数がかかるそうですね。
なんとか市民として協力できないかと、いつも考えていますので、募金賛成です。
投稿:やすべい 2008年12月11日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に←温故知新。(06/24)
  • 御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に←赤穂民報(06/24)
  • 御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に←温故知新。(06/24)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中